2018年05月16日

山女(アケビ)!



アケビの花です。

大きな花が、雌しべ
小さい花が、雄しべです!




左側の雌しべに、秋にアケビの実が付きます。
花を干して、アケビ茶にもします。

亡くなった先々代のお祖母ちゃんが、アケビの実が
大好きだったなぁ…。



アケビの新芽の葉がなんと綺麗な翠なことでしょう。
鈴木甚一の日本画の植物の葉の色合いのようです!

花の紫色が、実に奥ゆかしい美しい色合いでしょう!

私は、アケビの花が野草の中でも
最も高貴な装いの花だと感じます!

一瞬で心を奪われるようです…。

アケビが漢字で『山女』と書くのもうなづけます!?



                九代目主人  


Posted by 九代目 at 00:05Comments(0)野草!山菜!

2018年05月15日

沢の情景から…!

料理からその土地の情景が思い浮かぶ…。

料理を食べてその土地の食の豊かさを感じるられるように…。

最近、こんな熱い思いで料理に向き合っています!

やどの裏山の沢に向かいました。



料理の創作は、時に難しい時もあるけど
熱い思いで信念持てば、きっと大丈夫!



綺麗な野草や山菜がたくさん!

籠いっぱいに蓬(よもぎ)を摘みました。


『蓬豆腐!』




蓬を湯がいて、水にさらして、刻んで、
すり鉢でしっかりと擦ります。

本葛と濃い目の昆布だしを鍋で練り上げて、
擦った蓬を仕上げに入れて流し冷やして出来上がり…。

もっちり、プリっとした葛豆腐の冷たい清涼感ある食感と爽やかな蓬の香りが、里山の情景が感じられる料理になっているような気がします。



                九代目主人




  


Posted by 九代目 at 10:13Comments(0)旬暦(夏)

2018年04月30日

料理感‼

私の料理感!料理哲学!を
自分なりにまとめてみました。

一、素材の持ち味をとことん生かし、
  お客さんにも素材にも喜んでもらう。

一、お客さんと食材の心に寄り添い
  喜んでもらう。

一、料理に故郷の季節を描くように
  料理で情景を感じてもらう。

一、料理を通して、この土地の価値を上げる。

一、お客様に幸せな気持ちになってもらう。

一、感謝を忘れず、料理に心を込める



九代目料理例


『本鱒道明寺蒸し 春の息吹きをのせて』



『本鱒ひと塩 山桜の葉の香りに包まれて』


『前浜の魚介の造り 里山の山菜と共に』


これからは、沢乙温泉うちみ旅館の景色を描くように心がけて、料理で故郷の情景をも感じてもらえるような料理人に精進してゆきたいです!


                九代目主人


  


Posted by 九代目 at 18:51Comments(0)九代目語録

2018年04月26日

世界料理学会2‼




世界料理学会in函館を傍聴して来ました。



世界の巨匠 三國清三さん


宮城から『レストラン シェヌー』の赤間さんの紹介で三浦将尋さん『レストランmiuru』目黒浩敬『ファットリア アル、フィオーレ』が素晴らしい発表をされておりました。


夜は、シェフたちと直接お話ができるレセプションがありました。


京都の『菊の井』主人の村田吉弘さん!
私が村田さんに憧れて菊の井を訪ねてから
20年-ぶりの再会でありました。



西麻布の『アズール エ マサ ウエキ』の植木将仁さんの公演に共感、共鳴し感激を致しました。


『朝霧の能登半島恵み 春の芽吹きに包まれて!』
写真は、植木さんの料理です。

植木さんは、食材にも、お客さんにも感謝の気持ちを大切にと…。お客さんにも食材にもどちらにも喜んでもらうことが重要だと!
東京西麻布にいても、自分の生まれた故郷の景色を彩るように、皿に描くように料理に心を込めると発表しておられいました。
同世代の方で、人に対しても食材にもお客さんにもそして生まれた故郷にさえにも、感謝の気持ちで料理に心を込めておられる精神、料理哲学に感銘しました。揺るぎない信念を持つことが大切なことだと気づかされました。

世界料理学会を終え、延べ30人余りの世界のトップシェフの料理哲学、料理感に触れて感じたことをまとめてみました。

1.自分の人に対して料理に対して故郷に対してのスピリットの確立。自身の料理感や精神を導き確立して、自身が信念を持ち続けることが大切だと感じました。

2.世界の三國清三も、主催者の深谷さんも同じことをおっしゃっていたこと。
『必ずや、ひたむきな努力が必要だ!』


まとめ
自分の料理感や料理哲学を確立して、それに信念を持ち続け、ひたむきに努力することが、希望ある未来に繋がるのだではないかと感じました。


『料理に里山の情景を描くように!』

『人を大切に努力したものに、ご褒美のように素晴らしい出逢いがある』ことを信じて…。


世界料理学会の参加に背中を押してくれた人達に感謝致します。

これからも精進して料理感を確立してゆきたいと思います。

新たな九代目を楽しみに…

                
               九代目主人


  


Posted by 九代目 at 20:15Comments(0)一期一会

2018年04月23日

世界料理学会‼

私は、函館で開催される『第七回世界料理学会イン函館』に向かってます。









2日間で延べ30人の世界、日本全国の料理人の方の考え方に感性に触れることが出来る機会です!




せっかく仕事をお休み頂いたので、このチャンス生かし、料理に対する良い言葉もそれぞれの料理哲学や信念を、自分自身の料理感と擦り合わせて、いろいろな考え方を人一倍吸収して来たいと思います。

私の料理哲学の再構築になればと良いと思います。

私は、今年で45歳!
またまだ、多方面から刺激をもらい
自分を奮い立たせたいと思ってます。

これからも料理人として宿の主人として精進して
参り、成長してゆきたいと願います。

自らが、自身の無限大の可能性をも信じてあげたいです。

『頑張ります!行って来ます!』

              九代目主人  


Posted by 九代目 at 07:01Comments(0)一期一会

2018年04月18日

書道教室‼

こんにちは。

九代目主人の私は、この四月から書道教室に
通わせて頂いております。

以前から書道には、興味がありまして…。

この度、ご縁がありまして、東京の書道の先生に
月一回の予定でお世話になることにになりました。

九代目は、今年45歳になります。何か新しいことに挑戦することは、勇気が必要でした。

緊張しての初の書道でしたが、素晴らしい関大な優しい先生で、書道の魅力を多いに感じることが、出来ました。



私が書いた書です。

その道を極めてる方は、教え方も凄いなぁと実感でしました。1時間ばかり、みっちりと基礎基本をしっかりと教えてもらっただけなのに、素人の私でも少し書けるようになったのです。




先生は、『内海さん!料理といっしょですよ。一字一字、丁寧に心を込めてお書きなさい!』と…。

なるほどなぁと思いました!!

料理だって心を込めて誠実に向き合うからこそ、
新しい世界が見えて、向上するのだから…

書道の先生とは、世界が違えども同じインスピレーションを、感じることが出来ました。
この先生なら、細くでも長く続けられるような気がします。

素敵な書道の先生との出逢いに感謝です。



将来、料理の献立をパソコンじゃなく、自分の書で心を込めて書けれるようになりたい!




将来、主人の自らの書を掛け軸にしたい!
宿のしつらえを心を込めて御用意したいと夢が膨らみます。

字が早く書けたり、上手に書けることが、格好いいじゃなく、ひたむきに頑張ることが格好いい!と信じたいです。

何事も、『人より上手なことが、格好いいわけじゃない!ひたむきに頑張ることや優しい心を持つことが格好いい!』と心からそう思います!!


              九代目主人  


Posted by 九代目 at 16:53Comments(0)九代目語録

2018年03月25日

玉ちゃん‼新玉葱パート2

新玉ねぎを使った宿のお勧め
炊き合わせをご紹介させてもらいます。





『新玉葱含煮』通称『玉ちゃん』

春先から初夏に出回る新玉ねぎは、辛みが優しく
甘味を沢山持ち合わせております。

皮をむいたら、鍋に丸ごと並べて
水とお出汁を半々に入れて薄口醤油少々のみで
優しい火加減でコトコト形が崩れないように2~3時間位じっくり炊いて含め煮とします。
これを『玉ちゃん』と読んでいます。



『新玉ねぎ含煮と牛肉時雨煮』

牛肉は、玉葱の旨みと甘味がたっぷりと
煮出された煮汁に酒と濃口を少なめに入れて
さっと手早く炊いて、『玉ちゃん』に添える!

牛肉の赤身と脂の旨みを玉葱の甘味と香味が
お互いの持ち味を絶妙に引き立て合います!

正に『出逢いもの』の代表ような
料理だと感じます。

新玉葱と牛肉の組合せの料理は、きっと最強の相性だと想います!!


              九代目主人


  


Posted by 九代目 at 15:54Comments(2)出合いもの

2018年03月16日

やっぱり料理って愛情‼

3月12日は、私の末っ子息子なお誕生日です!

家族みんなでお子様ランチ☀を作りました。




パパがエビフライママがハンバーグ、
お兄ちゃんがケチャップライス、
お姉ちゃんが立てる旗を作ってお祝いしました!

学校でも担任の先生が、ず~とローソクを消す練習してくれたり、お友だちが温かいお手紙くれたり!愛情溢れる幸せいっぱいの七歳の誕生日でした。

堅靖が家族の絆!人との絆を深くしてくれているのでしょうね!みんなのおかげです。

さて、主役の息子にみんなで作ったことを
知らせてから、お子様ランチを食べてもらいました。
感想は、『旨い!旨い!旨いね~~!』と大絶賛で
満面の笑顔でぜ~んぶ食べてくれました。

特に、お兄ちゃんのケッチャプライスが嬉しかった
みたいです✴





嬉しそうなお子様ランチを食べる息子の顔を
見て改めて実感しました。

料理って、愛する人のことを想い、相手に心を込めて作るから優しい味わいになるんだなぁ~。

無償の愛情を込めるから、心で味わう
感動の食になるのだなぁ~と実感されられる
お誕生日会でした✴


やっぱり、料理って『愛情』‼


              九代目主人



  


Posted by 九代目 at 18:08Comments(0)九代目語録

2018年03月09日

別れの寂しい気持ち!

こんにちは

少しづつ温かくなり春がとっても
待ち遠しい季節です。

でも3月は、別れの季節ですね…

私は、人との別れが嫌いで…
あまり好きな季節ではないかなぁ。

卒園や卒業や就職などもあり、
人との別れ多くなる寂しい時期ですね。


『忘れられない大切な人との別れ』は、
人生において寂しいことだけなのかと…
今まで、ず~~とその想いを説いていました。

でも最近、何だか少しづつ理解出来て
きたような気がします。

珍しく筆を持ち書いてみました!

字が下手で恥ずかしいのですが…





卒園、卒業ってほんとに寂しいですね!

でも涙が流れて離れたくない寂しい
気持ちは、忘れられない大切な人に出逢えた
『幸せの証し!』ではないかと感じるように
なりました。

人との別れの中で、涙が溢れて離れたくない
寂しい気持ちが訪れたら…


それは、かけがえのない大切に人に出会えた
『幸せの証し』として、どんなにも幸せなこと
だろうと思うようにしようと…

人との関わり.人との繋がりおかげで、本当の幸せを
感じられるようになれた気がします。


『あなたに会えて本当に良かったぁ!』

そう思える人に出逢うために、人生という
長~い旅をしているような感じさえします。

3月の別れの季節は…

実は、とっても幸せを感じることが
出来る季節なのかもしれませんね。



              九代目主人











  


Posted by 九代目 at 12:57Comments(0)九代目語録

2018年02月28日

うちみ旅館の魅力‼

沢乙温泉うちみ旅館を、こよなく愛してくださる
お客様から送って頂いたメールをご紹介させてもらいます。
(ブログでの使用は、御了解を頂いております)




以下がお便りの内容でございます。



うちみ旅館の魅力は
どこの宿も真似ができない
一般的にマイナスと思えること
例えば旅館なのに
玄関にはいろんな靴がずらり
え?立ち寄り湯だったんだ
フロントに誰もいない
すみませーんと呼ぶと
女将がどこからか飛び出してくる
いらっしゃーい❤️お待ちしてました!包み込むような
笑顔と声に一発で魅了され
そこからうちみ旅館のファンになる素が芽を出し始める。

部屋にトイレはありません。
清潔なトイレが部屋の外にあります
お風呂は立ち寄り湯のお客様のタイミングを見て入ってくださいね
ちょっとすいたようなので思いきって一回目のお風呂。
世間話に花が咲くお客さんたちの隙間をぬって遠慮がちに湯につかる。
なぜか地方の共同湯に入れてもらっている気分に似ている。
もう、ここにはずっと前からできあがっている世界があるのだ。
それが不思議に不快ではない。
心がほぐれてくる。

待ちに待った料理。
一寸の弛みも許さぬほど精根こめたことが余計な飾りを排した盛り付けにあらわれている。
ほんとうに美味しいものは美味しい❗としか表現できない
美味しいと何回言ってしまうのだろう。
大将に伝えます!。控えめに笑う若女将の笑顔にまた魅了される
なんてストレートな素敵な笑顔ができるひとなんだろ。
料理の合間をぬって大将がご挨拶に。
うわあ!まろやかな出汁のようなかた❕
すでにうちみ旅館のファンに。
心もお腹も幸せな気分で満腹になり
部屋にひきあげる。
ひと休みして二回目の湯につかる。

今度は誰もいない湯ぶね
さっきとはまったく別の趣。
静かにいにしえからの湯を楽しむ。

家族の顔が全面に見える宿。
家族がみんなでがんばって
どのお客さんも大事にしていることがわかる宿。
愛があふれている宿。
限られた少人数だけが最高の料理をいただける宿。

これって他の宿にある?ないでしょ。

         神奈川県  E.I 様より






以上が、お客様から頂いた
『うちみ旅館の魅力!』と題したお便りです!

愛情たっぷりの心温まる内容です(涙)

お店というとのは、やはりお客様が応援して
くれてお店のコンセプトに共感してもらえるからこそ、成り立つものだと実感させてもらえます。

お客様に喜んでもらい、御満足頂いているのか?
常に不安なものですから……

いろいろあっても、前を向いて誠実に頑張っていれば、きっと誰かが共感してくれるのだなぁと実感させてもらえた心温まるお便りでした。

宿を大切にしてくださる方や私達を応援
してくれて、温かく見守ってくれる人達の
愛情が、私達に無限大の頑張るパワーと勇気を
与えてくれています!

人って大切に愛情を注いでもらえると
自分のためにだけじゃなく、相手の想いに対しても
『頑張るぞっ!』と力が涌き出る気がします。

『愛と絆』こそが、強く生きる原動力に
なるのでは、ないでしょうか!

心から感謝いたします。


             九代目主人