2019年07月15日

懐石弁当!


「懐石弁当」

今日は、お世話になっている方が塩竃神社のお祀りの行事があり、ご依頼様が常日頃の仲間への感謝の気持ちで手作りのお弁当でおもてなししたいとのことでした。

 

神様のお祀りなので、神聖な白木風の松花堂の弁当箱をご用意させて頂きました。

献立

◎塩竃の神様の恵みである塩竃沖で揚がった旬の
 お造りと季節のあしらい一式

◎縁起を担いだ鶴小芋などの13種類が持ち味が生
 きるように鍋を別々に一つ一つ丁寧に煮含めた
 炊き合わせ。

◎地物のとうもろこしと枝豆の季節の炊き込み
 御飯

◎胡瓜辛子漬けと瓜の奈良漬けの香の物
 



「口取り八寸」

一年の無事を願う祈願のお祀りです!

縁起の良いもの、願いを込めた献立にさせて頂きました。

紅白の色どりで背中が丸くなるまで無事に過ごせるようにと縁起の良い「天然車海老旨煮」

蓮根の穴から、素敵な未来を見通せるようにと「酢取り蓮根」

これからも良き芽が沢山出るようにと「喜の芽南瓜」

ご依頼様に代わり、仲間の皆さんに沢山の願いを料理に込めさせて頂きました。

懐石料理とは、お茶時に亭主がお招きしたお客様に真心込めておもてなしする濃茶を立てる前にご用意する御料理です。

それは、旬の素材を用い持ち味を生かし、食べてもらう方に、思いやり、気遣い、真心を込めておもてなしする料理!

宿では、仕出しを一切行っていませんが、お世話になっているご贔屓様からの依頼でしたので、お弁当に懐石の精神である真心を込めて作ったつもりです。

 

ご依頼様の仲間の方々に対するおもてなしと感謝の想いに、私は懐石弁当という形でお手伝いさせて頂きました。

 
ご依頼様の仲間への感謝の気持ちが誠実に伝わることを心から願います!!!

         
              九代目当主

  


Posted by 九代目 at 16:02Comments(0)料理心得

2019年07月08日

鍋島焼「十二代今右衛門」



十二代今泉今右衛門窯(いまえもん)の器を譲って頂きました!

行きつけの骨董屋さんで店頭に出していない御主人のコレクションを内海さんにならと譲って頂きました!

こちらの器は、名門窯元の亡き十二代(宮内庁御用達でもある)は、人間国宝の名工作です。



器の名前は、「錦笹絵銘々皿」





十二代のサインが染め付けで今右衛門と
書かれております。

笹の青とみどりの染め付けの美しさもさることながら、白磁の透き通るような美しさが素晴らしいと感じます!


どんな料理を盛り込んだら良いものか…楽しみです!


                九代目当主
  


Posted by 九代目 at 17:44Comments(0)宿の器

2019年07月01日

七夕飾り!




玄関フロントに七夕飾りの笹竹を設えました。

 
折り紙の短冊置いて、お客様に願いこと書いてもらいます!







お客様の願いこと、こっそり拝見しました

みんなが幸せに…と願う気持ちって素敵です!!




息子もママと書いたのですね


願い事!内海は何て書こうかなぁ…

いろいろあるけど内緒にしておきます

 
彦星様と織姫様は、きっと今年も天の川で一年に一回出会えますね!

愛してる人と年に一回だけしか会えないことが寂しいことだと想うか?

一年に一回だけでも心から愛してる人と会えることを幸せなことだと感じとれるか?

会える日を楽しみ一年間頑張れるっ!

心の置き方次第で、全ての日が素晴らしい日なのにな~

私なら一年に一回でも良いから、忘れられない人に会いたいなぁ…

冗談ですっ!

うちの若女将の織姫は、朝から晩までいつも一緒でケンカもしますが…

それも、きっと幸せことなのでしょうね…

 


               九代目当主

  


Posted by 九代目 at 12:09Comments(0)イベント 告知

2019年06月30日

じゃらん表彰!




じゃらん!泊まって良かった宿大賞(朝食)
東北エリア50室以下部門第三位で表彰され
ました!

うちみ旅館やりましたっ✌️

お客様に想いが伝わっていること実感出来て
凄く嬉しいです!!

これもご贔屓してくれるお客様、協力して
くれる業者の方々、応援してくれている
仲間、そして頑張ってくれるスタッフと
家族、みんなのおかげさまです。

ありがとうございます!

「感謝っ」

宿が表彰されたことよりも、ご贔屓のお客様や
周りの方々が自分のことのように喜んでくれて
いる気持ちが、とても嬉しかったです!


両親と妻と子供たち、スタッフみんなが
凄く喜んでくれたことが、とっても嬉しいです!!


          九代目当主
  


Posted by 九代目 at 09:08Comments(0)イベント 告知

2019年06月30日

深山のやまごぼう!



初夏の六月に宿で生ける花です

山野草「やまごぼうの花」です!





庭で育った大きな山ごぼうとは全く違い、
山奥で摘んだ天然の山ごぼうの花は、
花が小さくて可愛いものです!


             九代目当主

  


Posted by 九代目 at 08:56Comments(0)宿の花

2019年06月20日

玄関土間洗い出し!



玄関土間洗い出し完成しました!

凄くいい感じですっ




ご贔屓にしてもらってる方々に玄関
の洗い出しのを見てもらったら…
皆さんが口々に

「優しい温かい感じ!」

「うちみ旅館の雰囲気にぴったり!」

って言ってもらえました



黒の土間と茶色の土間の色のコントラストが
凄く格好いいと想います。

富谷市の今野左官店の今野さんに以来して本当に
良かったです!!




桧風呂の洗い出し


岩風呂の洗い出し

お風呂の洗い出しも座ったり歩いたりして
も痛くないように…尚且つ足の裏が
とても気持ちいいように洗い出しに使う
砂利の大きさや材料を考えて施工して
頂きました!

洗い出しに優しさと温かみ溢れ出るのは、職人さんの人柄が、優しくて温かいからだと想います。

「左官も人なり!料理も人なり!」

洗い出しに「愛」感じますっ!!


今回の玄関の洗い出しで感じたのは、
本物の洗い出しは全く違うといくことです!
見た目の風合い素晴らしさだけでなく、
歩いた時の足さわり、歩く度に砂が響く音!!
心が癒される。その空間に触れてるだけで
心が落ち着く感じがします。


今回、洗い出しという本物の日本伝統文化に触れることが出来て、これから宿でも、一歩一歩ですが
お客様の心を温め癒してくれる本物の空間作りを目指したいと心から思えることが出来ました。

「感謝」



             九代目当主
  


Posted by 九代目 at 09:21Comments(0)楓の庭

2019年06月16日

懐石松花堂弁当!




 ◎懐石松花堂弁当 2,000円(税別) 
                  
  
コンサート利用者や観光でチェックインが
遅いお客様へお勧め企画です。
    
※コンサート終了後などに客室にお届けします。

※完全予約制です(3日前まで)
 
     


お献立例

造里  厳選 旬の三陸魚介盛合せ
     (塩竈鉢マグロ、天然白身、活たこなど)
    ※旬の魚を昆布締めやひと潮に

煮物  季節の有機野菜炊き合わせ
     (磯粒貝旨煮、地鶏八幡巻、木の芽南京、     聖護院かぶらなど)
     ※一種類ごと別々の鍋で丁寧にお出汁を
     使って煮含めた炊合せ

ご飯  季節の炊き込み御飯
     (蟹めし、筍御飯、銀杏飯など)
     ※宮城のひとめぼれを季節の味わいで

香物  女将手作り 漬物盛合せ

留椀  温かい小そば

季節によって食材が変わりますので
ご了承ください!

コンサート利用者は、時間的に夕食がとれませんが
少しでも 「里山旬味」を体感してもらいたく出来た企画です。


九代目主人が自ら旬の食材を吟味して懐石の技とおもてなしの心で手間暇かけて御用意を致します!


宮城の旬の食材で美味しいところを、少しずつ詰め込んだ懐石弁当になります。

宿オススメです!

ご希望の方は、ご予約お願い致します!

九代目当主  


Posted by 九代目 at 15:39Comments(0)イベント 告知

2019年06月01日

初夏の炊き合わせ!



夏野菜の冷し炊き合わせ❗
わらび、楓麩、南瓜、小茄子、小芋に
青柚子を振って初夏の香りで

「器は料理の着物」
冷たい料理にはガラスの器が
風情あって似合いますね!



絹さや


とうもろこしと絹さやの炊き込み御飯


小茄子

食材はすっかり夏の装いのようです!




    九代目当主 内海貴史  


Posted by 九代目 at 21:09Comments(0)旬暦(夏)

2019年05月30日

阿久玉姫再来‼️


阿久玉姫(沢乙女)の再来‼️

沢乙の石碑予定地に若女将に立ってもらってます

九代目に勝手に姫の再来とされてます…笑

古里で人々に愛されて子育てされた
千熊丸(姫の子)と私の障がいを抱えている
息子が故郷の人々の慈愛の中で毎日
笑顔いっぱいで幸せそうに
成長していることと重なります

不思議な巡り合わせです…

          九代目当主 内海貴史

  


2019年05月21日

石碑への思い‼️



奈良から平安に変わる時代、沢乙温泉周辺で久門長者に支えていた娘が多賀城政庁に赴任していた大将軍坂ノ上田村麻呂公に見初められて姫が誕生しました。沢で働いていたその娘を敬いこの土地一帯を「沢乙女」(さわおとめ)と呼ぶようになりました。
数々の伝説を残す利府に伝わる「阿久玉姫」と同一人物でございます。
姫は将軍の子を授かり村人と心を一心にして「千熊丸」という子供にみんなで深い愛情を注ぎ、立派に京の都に送り出しました。彼は二代目田村麿呂となりその後世のため人のためにご尽力されたと云われております。

「大切に愛されて育った子供は、人を大切に愛することができる」子育ての原点を沢乙女の生き方から感じとることが出来ると思われます。

古の利府に実在したと云われる沢乙女(阿久玉姫)から子育ての大切な想いと子は何ものにも及ばない宝だという精神を感じ取ることが出来ると思います。


石材屋さんのデッサン!

石碑には姫やその当時の人々の心に寄り添った和歌を彫ります。
姫の生きた時代と同じ時期に日本人の心を詩にした最古の和歌集「万葉集」から沢乙姫の石碑の俳句を出典いたしました。

万葉集803・・・山上憶良
「銀も金も玉も何せむに優れる宝子にしかめやも」
~どんなに美しい金銀珠の財宝でさえも、何よりも優れた宝である子に及ぶものはない~子は何よりも優れた宝である...
と詠った詩です!



石碑には宮城県蔵王本油石を使用します。

宮内庁御用達で石碑に最適な最高級の石です。

本油石は100年200年経っても石の艶が消えないと言われるものなので彫刻した字が消えないとされている。



1200年前からずーと子供は世の宝!沢乙女が村人と共に深い愛情をそそいで子育てする大切さ!

「人に大切に愛された子供は人を大切に愛することができる」

ふるさとの地で沢乙女の子育ての精神を石碑から感じ取ってもらいたいのです。

後世にわたり沢乙女の石碑を訪れた人々に子育ての大切さとふるさとの史実を大切に感じて欲しいとねがいます。

「子供を愛する大切さ!」

「子宝に及ぶものはない!」


「子供は世の宝です!」

沢乙女の精神を億良の
和歌に託しております!


          九代目当主 内海貴史