2018年01月21日

宿の二人の料理人‼

沢乙温泉うちみ旅館の料理人は、二人です。

九代目主人の私と若女将で妻でもあるりえこさんです。



二人の出逢いは、調理師専門学校夜間部の同級生で
共に勉強した仲間が、ご縁です。
卒業後は、私は日本料理の修業に……妻は、和菓子屋さんに修業に入りました。

ですから、宿の主人と若女将は、共に料理人というわけであります。
だから、二人とも気が強く、ぶつかることも度々…(笑)

二人のご縁は、お互いに食べること『食』を通して
人に喜んでもらいたい、食を通して人の心を温めてゆきたいという共通の夢があります。

でも現実は、二人は、良きも悪きも朝から晩まで一緒ですので喧嘩もいっぱいあります!
お客様には、決して見せません。

月に2回の定休日には、妻は私から離れて過ごしたいと熱望しているようです…(笑)

お客様の朝食の準備から始まり、子供を学校に送り出し、料理を1つひとつ手間隙かけて仕込みをして
、休憩時間には、今後の宿の方針、子育てのことなど話して、それからお客様の夕食の準備、後片付け…次の日の仕入れの確認などと……

きっと、普通の夫婦の10倍以上のの時間を共に過ごしているのではないでしょうか!?


でも、お互いに夢を抱き力を合わせて、頑張ってゆけば、普通の夫婦では、味わうことのことのない幸せを将来において感じることが出来るような気がしています。

宿の料理は、主人と若女将が自ら料理人として
腕をふるい、旬の食材を吟味して、手間隙かけて、真心込めてご用意いたします。

料理を提供する際にも、女将も料理人なので
料理のお話や旬の食材のお話を楽しく詳しく出来ると感じております。

お客様も、料理を食べる時に料理人のお話を聞きながら召し上がるのも、愉しく美味しい贅沢な時間ではないでしょうか!


夫婦である二人の料理人が、お互いの感性をぶつけ合い宿の料理をとことん探求し、作り上げる料理の世界観!
その可能性を自分自身が、強く信じて突き進みたいと思っております。

宿の主人と女将が共に料理人!

きっと、オンリーワンの世界があると想います。

オンリーワンの宿を夢見て……


             九代目主人










  


2018年01月13日

見上げこけしに想う❗



客室のしつらえの『見上げこけし』です。
伝統工芸鳴子こけしです。

作者 柿澤真理子(鳴子柿澤こけし店)



どんなときでも、上を向いて歩こう
という気持ちが、込められた『みあげこけし』です。


宿に泊まるお客様というのは、お元気な方もいれば、いろいろな悩みや辛い経験をされている方
など、いろいろな境遇の方が、いらしゃいます。

大切な人を亡くされた方や、
大好き仕事をなくされた方など!
いろいろな境遇の方が、宿を
訪れます。

だからこそ、お客様に少しでも心を開いてもらえるように…
お客さんの心を少しでも温められることが
出来るように、日々、一生懸命に努力して
技術的にも精神的にも精進しなくては、
ならないと思います。

『日々精進!』

私自身も、心が折れそうな時には、
『見上げこけし』を見て勇気を
もらおうかなぁ~と…

それにしても、見上げこけしに込められた心!
作者の想い入れが素晴らしいと感銘を致します。

伝統的な手仕事の中に、芽生える感性、アイデア!
それは、きっと『人間味』のような気がします。

工芸品、美術、料理、きっと何事も、人の心を揺さぶることが出来るのは、『熱い思い』を持ち続け、『人間味』『人間力』『人間性』の向上が、最も大切のような気がします。

技術は、きっと後から付いてくる!!


心から信じたい思いです。

               九代目主人








  


Posted by 九代目 at 10:34Comments(0)しつらえ

2018年01月02日

黒豆への願い‼



明けましておめでとうございます。

皆様、お元気なことだと想います。

平成の時代が終わり新しい時代が始まる記念すべき年に、今までの私の人生を通して感謝の気持ち心を込めて、暮れから1週間かけて黒豆を炊かせてもらっております。

黒豆は、昔から黒い色が邪気を払い、真っ黒に日焼けするまで健康で元気に豆に働けるようにと願いが込められております。

おせちやお正月の御料理に欠かせない黒豆密煮を
紹介させてもらいます。



丹波黒豆の飛び切り極上のものを水で洗い、
一晩水に浸します。


豆をふっくらと大きく戻せるように1日2時間つづ5日間コトコト優しい火加減で柔らかく戻します。



2日目の状態!
焦って柔らかく豆を戻そうとすると皮に
負担が、かかり皮が壊れてしまうのです。

5日目の状態!
皮が壊れないでギリギリの状態です。
戻しが完了です!!



水にさらした後壊れたものを手で選別します。



豆が固くならないように2日間で砂糖を8回に分け入れて炊いた京都に伝わる伝統的な手仕事です。

黒豆1キロに対して、砂糖が900㌘位!

大切に守っていきたい日本料理の伝統的な技術と心意気です!



何事も一歩一歩!
料理は、『愛情』だと思います。
不思議と大切な人を想って料理すると優しい味わいになるような気がします。

何事も『愛』ではないでしょうか!
継続するのが中々難しいのですが…

昨年も、力不足で、たくさん御迷惑をおかけしました。すみません。
周りの人達に支えてもらったおかげで、とっても幸せな人生です。

お世話になっている方へ御健康と御幸せを願い、黒豆に心を込めさせてもらいました。

新しい時代に、健康で元気に過ごせますように……
笑顔がいっぱいで幸せな時代になりますように……

皆様には、いつも温かく見守っていただき、ありがとうございます。

今年度も、皆様のご愛顧賜りますようお願い申し上げます。


       九代目主人    内海貴史

追伸
今年の5月から、新しい年号に変わると想ってましたが、来年の1月元旦から新しい年号!新しい時代を迎えるそうです……
またまた、私は、勝手に勘違いしていたようです(笑)
慌てん坊さんでした…すみません。
こんな感じですが、今年も、どうぞ宜しく
お願いします。

  




  


Posted by 九代目 at 18:13Comments(0)料理心得

2017年12月31日

平成の晩年‼



今年も、あっという間に年の瀬です!

写真の書は、私のものです。

年の瀬に今年の気持ちを書に込めてみました!

1年間、嬉しいこと幸せなこと大変なこと辛いこと……いろいろなことがありました。

1年を振り返ると、仕事、家族、子育て、生きるとは…どんなときでも、人との関わりがありました!

悩んだときも、辛いときも人との関わりが救ってくれて希望の光を与えてくれました。

時には、お互いの思いが上手く伝わらなく疎遠になったり……人との関わりが難しいと想うと臆病になったりと消極的なってしまいます。

自分では、人を大切に想っているつもりが、伝わらなくて…
熱い思いを伝え過ぎて、かえって伝わらなくなる…
自分の思いが、正しいと自惚れてしまい、相手にとって押し付けがましくなる……

人との関わりは、難しいけれども、人と関わっていればこそ、幸せな思いも味わえる!

人の関わりの中で、素晴らしい人との出逢い、沢山の大切なことを教えて頂きました。

素晴らしい出逢いがあるのも、人が人を引き寄せてくれるから!
より良い人間関係を持てるのも、自分自身が人に対して『誠実』でなければならないということを……


愛情、友情、絆、思いやり、人情、尊敬、人を大好き、謙虚、誠実、感謝など大切な気持ちに少しだけ気づかされ学ばせてもらったような1年でした。『かけがえのない1年』でありました!


将来、私の人生の最後には、必ずやこの一年の幸せを思いだし、幸せを噛み締めていると想います。

最高に幸せな1年でした!

私は、人生などと、たいそれたことを述べる立派な人間ではないのでが…
人を大切に想い、『人と共に生きる』ことで周りのお客様、先生方、友人、知人の方々から沢山の大切なことを教えて頂きました。

愛情、友情、絆、思いやり、人情、謙虚、誠実、人を好きになること、尊敬、感謝など、それがすべて含めて『愛』だと感じます。


人との関わりの中で『感謝』と『謙虚』が心を成長させてくれることも!

『人との関わり』が、人生を幸せにしてくれるような気がします。

人との関わりの中で、『愛』と『絆』が人の心を温めて支えてくれ、心豊かにしてくれるような気がします。


時代が終わろうとしている平成の晩年、お仕事、子育て、人間関係を通してたくさんの幸せを頂きました。

皆さんに、大変な御迷惑おかけしてきたと思います。すみません。

人との関わりに心から『感謝』致します。

いろいろあっても、人と関わり、
『人と共に生きる』からこそ、

人生は、美しい!
人生は、素晴らしい!


どうか良いお年をお迎えください。



九代目主人  内海貴史


  


Posted by 九代目 at 23:25Comments(0)一期一会

2017年12月30日

南東北インターハイ❗

南東北インターハイのブログの記事のアップを
忘れておりました!

年の瀬にギリギリセーフ…(笑)




今年は、山形、宮城、福島の3県で開催さます。

利府町のグランディ21では、女子バレーボールの
種目が開催されます。

沢乙温泉には、名門古川学園女子バレーボール部が
お泊まりになります。

古川学園さんとは、本当に長い30来のお付き合いをさせてもらっております。
宿は、古川女子商業時代から名将国分監督に信頼され、ありがたく常宿にして頂いております。


現在は、国分イズムを立派に継承されて、更なる
境地で岡崎監督が、子供たちに深い愛情をかけて
おられてしっかりと名門古川学園を支えておられます。

先生は、どんな状況でも子供たちのことを想う愛情が大きく、こちらにもそれがひしひしと伝わり宿としても自然と心から応援したくなるのです。

長いお付き合いのなかで、古川学園さんの子供たちに対しての愛情溢れる教育方針を感じとることが出来ております。

大会や合宿中は、挨拶や生活の規律がしっかりしていて、バレーボールで疲れているにも関わらず、生徒さんたちは、夜に仲間同士で協力して必ずや部屋やロビーで勉強もしっかりしている姿は、凄いと感銘致します。

名門チームは、スポーツの技術だけでなく生活面も
素晴らしく、人間性を教育して磨いているからこそ、長い間、名門チームを守られておられると感じます。

名門が故に監督さんのプレッシャーや御苦労は、
計り知れない重圧だと察します。

沢乙温泉としても、長いお付き合いや普段からの頑張りや伝統を目の当たりしているから、古川学園さんにはファミリーような親近感が湧いて心から活躍を願い応援したくなるのです。

私は、今回のインターハイが地元開催なので、
子供たちは、プレッシャーを感じているのかなぁ~と察して、生徒さんに質問してみました。

ある生徒さんは、
『プレッシャーよりも、楽しみたいです!』
『いや、楽しみます!』と
ハッキリと答えるのです。

なんと、しっかりした精神力でしょうか…

普段からの厳しい練習で、心と体を鍛えて
いるからだなぁ~と感じます…
先生方の御指導の成果のたまものだと思います。


古川学園の子供たちのような強い精神力を持った人が、将来社会で活躍して、社会に必要とされ、人に喜ばれる人材になって羽ばたいてゆくのだろうなぁ~と想います…


地元開催のインターハイだから、いつもお世話になってる先生方や御家族が応援されるはずです。
普段から支え合っているお友達が心から応援されると思います。

古川学園バレーボール部の皆さん!
先生方や御家族の『愛情』と友達の『友情』を
大いに感じて、自分たちの力に変えて、
活躍してほしいです。

宿としても、心から古川学園女子バレーボール部の
健闘を心からお祈りしています!

『がんばれー古川学園!』


九代目主人



  


Posted by 九代目 at 22:20Comments(0)さわおと温泉物語

2017年12月28日

『梅月紋金地香枦‼』



この度、九谷焼の香炉を御用意させていただきました。
香炉の梅のピンクと袱さの色合いの組み合わせが
自分では、とても相性が良いと気に入っております!



九谷焼『梅月紋金地香枦』 
作者  藤村正美

九谷焼の名工作です!

九谷焼は、日本の上絵磁器の源流をなすもので
構図の自由奔放、彩釉薬の重厚さは、陶芸世界でも
並びなきものです!

今回の作品も焼きが三回施されております。
1回目下地を焼き。2回目に金地施してまた窯に入れ焼き!3回目にいろいろな彩釉薬で色付けして窯に入れ仕上げます。
九谷焼は、この手間こそが、油絵のような奥行きが
生まれ重厚な作品となるのです。

今回、いつもお世話になっている器屋さんで代々大切になされておりましたものを譲って頂きました。

とても高価なお買い物でしたが、作者の思いと今まで大切にされていたお店の想いを受け継いで、宿でも大切に温めていきたいと願います!





この香炉に、お正月、結納、お食い初め、結婚記念日、年祝いなどの大切な記念日に訪れたお客様の心を温める役目を期待しております……


九代目主人  


Posted by 九代目 at 21:47Comments(0)しつらえ

2017年12月25日

『無事』の書に想う‼

十二月の御部屋のしつらえです。



『無事』という書
大徳寺な住職の方の書です。

香枦は、『備前萩彫り紋茶香枦』

十二月は、師走と言い、いよいよ年の瀬ですね。

1年間、お客様が無事であってよかったなぁという想いで、短冊を掛けさせてもらいました。


1年間、長くもあり、時として短くも感じるものです。
一生懸命生きていれば、悩みも不安もあるのが必然的なことのような気がします。
壁が高いほど、悩みが深いほど、人は辛く心が
重く感じて苦しいのですが……
実は、そんなときほど自分自身を深く見つめ直して己の心を成長させるチャンスなのではないかと、苦し紛れに考えております。

『無事』に1年を送ることが何よりです。

いろいろあっても、無事でさえあれば、また来年頑張れる!
今年、願いが叶わなくても、無事でさえあれば、来年頑張って、思いや願いが叶うかもしれない!

『思いは叶う!夢は叶う!』



1年間を締めくくる十二月に無事であることが
どんなにも幸せなことかと……

温かく育ててくれるお客様、家族、恩師の先生方、友人、知人、大切な人が無事に元気でいてくれるだけで、どんなにも安心出来る事、どんなに力がわき出ることか!とても幸せなことだと沁々感じる年の瀬です。

そんな思いで『無事』の書のしつらえでございます。



九代目主人  


Posted by 九代目 at 21:48Comments(0)しつらえ

2017年12月25日

ネパールからの願い‼



12月の半ばに、ネパールからのお客様が御来館いただきました。

その方は日本の医学部で勉強なされて歯医者の資格を取り、ふるさとネパールで歯医者さんをされている女医の先生でした。

一緒に来館なされた方は、知人の方でその方を伝にいらしてくださいました。

来館の目的は、日本料理と温泉を楽しむことの他に、うちの末っ子息子のケンケンに会いに来たとのことでした!びっくりしました…

ネパール大地震で被災されていて、家が全壊して傷心されているということを伺いました。

その中で、東日本大震災の夜明け方に生まれ、肢体不自由障がいを抱えていても、障害を悲観することなく元気で笑顔で強く生きているケンケンの姿を、新聞記事で知り、励みに思ってくれていたそうです。


夕食会も終わり、いよいよケンケンとの対面に
なりました。
先生は、ケンケンを強く抱きしめてくれていました!
彼は、何がなんだか分からないようで……
綺麗な女性に突然バグされて嬉しそうな恥ずかしそうな表情でした…(笑)



先生の思い願いを彼に伝えると彼は、『うん、うん!』と大きくうなづき嬉しそうでした!

それを見ていた周りのみんなも心が温かくなりました。

いつもは、お客様の旅のお手伝いをして、心が温くなって貰いたいと願っているのですが、逆に元気と力をもらうことが出来ました。こちらが心を温めてもらえました。

不思議とお客様のことを純心無垢に想うと……
その想いが伝わったときにはこちらの方が幸せな気持ちにさせてくれます。

帰り際、先生がケンケンにネパールの生地製の茶巾袋を『お守り』にと渡してくれました!

それは、自分のお母さんが娘の為にと想いを込めて作ってくれた袋だそうです。ネパールのコインが1枚入ってありました!その優しさに涙がこぼれました。

息子が、いつも元気で笑顔が絶えないのはどうしてなのだろうか?いつも不思議に思っています……
また、今回ネパールの先生に大切なことに気づかされました。

人の愛情や思いやりがどんにも人に強く生きる力を与えてくれているのかと!
人の思いや願い!見えないものこそが、きっと果てしないパワーを人に与えてくれるような気がしました。

遠く離れたネパールから、息子の幸せを願ってくれる人がいる。素晴らしい人との関わりです!

また、親子で強く生きる力を、いただきました。
心から感謝致します。

ケンケンと一緒にネパールに向けて先生の幸せを
お空にお願いします!


九代目主人




  


Posted by 九代目 at 09:45Comments(0)さわおと温泉物語

2017年11月28日

里山の鯖寿司‼



宿の鯖寿司を再構築しております。

鯖は、金華山沖の脂がのった『金華鯖』
を用いています。
いままでは、隠し味にご飯と鯖の間に
薬味である山椒の実の佃煮や生姜のガリを入れておりました。
自分としては、修業時代からのこだわりの棒寿司で
あり自信もありました!

ところが先月に私にとっては、衝撃な出来事がありました!
東京からお越しくださったお客様に宿の料理を
食べてもらい帰り際に忠告して頂いた言葉です。

その方は、食通らしく日本料理を食べ慣れているとすぐにわかりました。

お客様
『こちらの御料理は、たしかに旬の食材を吟味して
手間暇をかけた美味しい料理だと思います。』

『ただ、新幹線代をかけてお友達を誘って来たいとは思いません…』

『お金を出せば、東京の料理屋でも食べられますからね…』と
『三陸の美味しい魚が続いている印象です…』

『料理が、こちらの宿の景色に見合ってこそ、
美味しさを感じることが出来るのではないでしょうか!』と。

大変厳しいお言葉だったと思いました。
聞いたときは、長年にわたり自分なりに頑張ってきたつもりだったのでショックでした…残念。落ち込みました。

若女将と話合いをして、お客様のアドバイスを謙虚に受け止めて、もう一度しっかりと自分の料理に向き合う決意をしました。

確かに、遠くからのお客様を迎えて美味しい料理を
味わって楽しんでもらうためには、宮城の旬の味を楽しんでもらうことです!

でも、よく考えたら『うちみ旅館』でなくても美味しい料理が食べられます。つまり『うちみ旅館』ならではの料理が大切なのだと!

献立を、宿の場所や景色にあった料理にマイナーチェンジすることに挑戦してみようと思いました。

景色に見合った料理になれば、今の料理がもっと美味しく感じる可能性があるのでは?
その料理を楽しみに遠方から訪れるお客様が増えてくれるのでは想い始めています。


鯖寿司の再構築したアイディアは、鯖寿司の表面に漬物の千枚蕪をのせて、鯖と酢飯の間に和芥子を塗り味を引き締めて、棒寿司の中心に自家製の旬の白菜漬けの刻んだものを仕込みました!


里山鯖鮨~金華さばと冬野菜にて
器 古伊万里赤絵染付け銘々皿
(明治初期 150年前)


1ヶ月に渡り、何度も試作して、みんなでやっと納得出来るものになりました!(嬉)


厳しいお言葉を頂戴したお客様に、心から感謝しております!

新しく生まれ変わった『里山鯖鮨!』
今週末から、お泊まりの献立に登場します!

宿の景色にあった料理になっているのでしょうか…

味わいを越えた『心で感じる美味しさ!』の真髄が
少しばかり見えて来たような気がします。



九代目
  


Posted by 九代目 at 11:07Comments(2)献立

2017年10月20日

あかず鰈の揚げ出し レモンの力を借りて❗



『あかず鰈揚げ出し レモン風味』

鮮度の良いあかず鰈が入荷しました!
真鰈の中の一種類です。
旬は秋から冬です。

鰈は、水洗いしたあと海水よりちょっと薄い塩水に数分間付けて、さっと風を当てて干して余分な水分を飛ばして旨味を引き立つように手を施します。

それを焼き物か揚げ物にします。

今回は、揚げ出しに挑戦して料理を再構築してみました。
命の一番出しと大根卸しを掛けた揚げ出しで
創作しました。

宿では、9品からなるコース料理なので
口が重くなる揚げ物は難しいのです。

コースの流れを崩さない献立を考えなくては…

そこで淡泊な鰈の白身の素材の持ち味を生かすように大根卸しは、大根臭さを取り除くために、さっと水で洗い流し、お出汁に入れました!
味は、出汁に薄口醤油と塩少々に…
小ネギも淡白な鰈の風味を殺さないように刻んでから洗い葱として仕上げにかけました。

今回の味の決めてレモン汁です!

レモンの柑橘の酸が、鰈の白身の持ち味を生かし
つつ、揚げ物料理全体を引き締めてくれて、コースの流れを壊さない一品になったと思われます。



何度か試作を繰り返し完成しました。
試食したら、久々に納得出来たかなぁ。
試食は、骨しか残こりませんでした…(笑)


料理と限らず、何事もマンネリズムが一番怖いものです。
マンネリ化が、食べ手も作り手もつまらなくなるものです。
お互いに、楽しいリズムがなくなりますから…


今回の料理の再構築で改めて感じます。
お客様に喜んでもらう為には、やはり自分自身が
精進して仕事を楽しめるようにすることが大事だと思います。

自分の信念を貫きつつ、今置かれた状況で一生懸命に自由に生きることが大切で幸せなことだと思います。
難しいことですが、そんな生き方が出来たなら、理想的な生き方なのかなぁ~と想う今日この頃です。

悩んだり、密かな疑問をいだいたりすることは、生きていくうえで大切ではないか?

悩んでもまた立ち上がり答えを見出だすことが、人生を一生懸命に『生きてる証し!』だと自分に言い聞かせています。

ひとつのことに挑み続けて、とことこん探求し努力することが大切なことだと思います。
共感してくれる人がきっと応援してくる!

人生は『日々精進!』『一生精進!』なんだと心から思います。




九代目









   


Posted by 九代目 at 14:54Comments(0)旬暦(秋)