2014年05月30日

主役の絹さや!


こんにちは 九代目です



さわおと自家農園では 初夏の季節に

野菜の花がこぞって咲き誇りますface02

畑は、すっかり 初夏のよそおいです!




絹さやの花や花丸きゅうりなど 可愛らしく綺麗ですよ! 


御造りのあしらいなどに添えると

季節感が出て尚且つ食べれるので楽しいですface02


花丸きゅうりは、収穫するのは、ちょっと可愛そうな気もしますが

味は、ほろ苦く、大人な味です!



絹さやの花が咲くと、いよいよ!たくさんの身を付けます。





春に堆肥をいっぱい入れた有機栽培なので

絹さやの甘みが格段に違いますface08


甘みを生かすために茹でる時は、水に落とさず

おかあげで「うちわ」で冷まします


通常、絹さやといったら、「お煮しめ」の付け合せで「脇役!」

今回は、力強い絹さやなので、たっぷり使って「主役に!」


お煮しめの炊きあがる直前に火を止めて、たっぷりの

茹でた絹さやを 鍋の端に入れて味を含めます


温かい旨味たっぷりの煮汁が冷めると同時に

絹さやに味が浸み込む理屈です!





「 絹さや たっぷり お煮しめ 」


筍・人参・油揚げ・干しシイタケなどの

里山の味わいです!


味付けは、代々伝わる大女将の味付けを

真似したつもりです!


伝統は、改革して進歩しなければならないものと

改革しては、ダメなもの・しっかりと

守り続けねばならないものがあると思います!!


ほっとする味・懐かしい日本の味は、忠実に守りたいものですicon12


そんな願いを込めて 

「 絹さや主役の お煮しめ 」 なんです!!


九代目

  


Posted by 九代目 at 13:51Comments(2)自家農園

2014年04月22日

謎のはしご



こんにちわ  九代目ですface01




今日  畑に行ってみると 菜の花が 元気に咲いていて

 

菜の花越しの 山桜の花が絵になって 

とても  きれいだなぁ~ と心癒されて 見ていたら


桜の木に  謎のはしごが 掛けてある!?face17






近くに 行ってみると 桜の花は やっぱり綺麗だなぁ~~


しかし、 はしごは 会長の はしご!?


もしかして・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




客室の床の間を 見に行ったら 山桜が 生けてありましたicon12





そうか~ 明日 お花見の会食の御予約 入ってたcocktail


会長!  はしごに登って 桜の枝 切ってくれたんだ拍手


会長!  ありがとうございました


いやいや~~  難問だったなぁアーface13


九代目 見事に はしごの謎 解きました icon12icon12



チャン・チャン (笑)

  


Posted by 九代目 at 11:19Comments(2)自家農園

2014年04月06日

じゃがいも植え



こんにちは。九代目です。

今日は、じゃがいも植えでした。

いろんな調理に向いている品種の「きたあかり」を主に植えました。




調理スタッフみんなで活動中。






さすが会長!トラクターもお手の物!



料理スタッフは、野菜作りから関わっているので素材を大事にし、思いやりを持って調理出来るのかな~

堆肥を沢山入れた有機栽培のじゃがいもは甘みが格段に違います。

今年も美味しいお芋が出来るといいなぁ~




7月頃に新じゃがが収穫できます。

その時期に、じゃがいもの持ち味をとことん生かしたレシピを紹介したいと思います!

こうご期待face02







  


Posted by 九代目 at 18:30Comments(0)自家農園

2014年04月01日

有機栽培の基礎・土作り



こんにちわ  九代目です。


いよいよ、さわおと自家農園の土作りの季節がやってきました!!

会長と仲良しで息子も、たい肥まき手伝いしてくれて嬉しいなぁ~face02




さわおと温泉 里山旬味 うちみ旅館では八代目会長が、精魂込めて有機栽培の野菜をつくっています。



宿で野菜をつくる理由は、季節ごとに鮮度の良い旬の美味しい野菜をお客様に提供したいから。

旬で鮮度の良い物は、その物自体に奥深い甘みをもっていて美味しい!!




宿の料理の最大のコンセプトが、旬の素材を吟味して、その持ち味をとことん生かし、

食材に感謝し、食べる人におもいやりを持って料理すること。


だからこそ、鮮度が良くて、味が力強い野菜が必要。


この時期に畑に合計四トンもの、たい肥をいれて栄養たっぷりの土に。



野菜は土から栄養を吸収するので甘みが格段に増しますface13



宿では本物の有機野菜を料理に取り入れたいので一年一回たい肥のコスト度外視で!!

本気モ―ドでスタッフみんなで土づくり。





たい肥が畑の土をよくします。


たい肥がたっぷり入った畑は野菜が病気にもなりにくく、元気もりもり。


だから無農薬でも立派に美味しい野菜が実るのです。


人間も化学調味料だけでは、きっと丈夫な体はつくれないですよね。

結果的に病気になりやすい。


人間も野菜もどんな栄養を取るかがカギとなるわけですonigiri




調理スタッフのひでちゃんもトラクタ-で土づくりに挑戦中face13

みんなにがんばってもらってますface02





正直、本職は料理人!、四トンのたい肥を一輪車で畑に、まくのたいへんだなぁ~大泣き






まるでFarmer's九代目!!   農家の九代目か~!?(笑)


九代目いつもの包丁よりスコップの方が似合うかも!?(笑)




本当に、甘みがつよい本物の有機野菜を使った料理をお客さんに食べてもらいたい。

お客さんに感動してもらたいから、がんばろっとちからこぶ



今年も、さわおとの湧水と堆肥いっぱいの畑で美味しい野菜が実るように願いこめて!!


こだわりの有機野菜は、宿のランチやロビー販売や懐石料理で味わえますよ親指


機会があったら遊びにきてくださいね音符音符音符



  


Posted by 九代目 at 15:35Comments(2)自家農園