2014年04月21日

鶴岡からの贈り物

face01


こんにちわ  九代目です


今日 山形 鶴岡に住む料理人の友達から山菜のうるいが

届きました。


届いたうるいは まだ地面から出る前の珍しい天然ものの新芽うるい!


新芽の天然うるいは  初めて触れる食材なのでワクワク

いつもどうり 食材の持ち味 とことん 生かすぞ





写真の左から 湯がいたもの 素焼 ソティー 天ぷら です


ゆでたのは 根本が苦くて食べにくい





素焼きは 外側の皮は苦味があるが 皮をめくって内側の身は 


蒸し焼きになってて  とても甘くて美味しい!


フライパン焼きは 苦味が抜けず いまいち






てんぷらは じっくり ゆっくり 揚げることで アクが抜け


適度に水分も 抜けて 甘くて ほろ苦く とても美味しいなぁ~~~

山菜なのに ホワイトアスパラや人参のように 甘いなぁ~face08


天ぷらは 山菜の甘みを  生かすため 卵を使わない 精進揚げに しよう


「そうだ!」  より甘みを 感じるように 2・5%の塩水と 小麦粉だけの


塩衣揚げにしょう



     

「  早堀りウルイの 塩衣揚げ  」


里山旬味  うちみ旅館  の 献立に 登場するかもね!!




結論  天然の新芽のうるいは 外側の皮と 根本が 苦味が強い 



ポイントは この苦味を 適度に 抜く手間を おしまないこと


おひたしなど 湯がいたら 適度に 水にさらす


ちょっとだけ 低め温度で じっくり揚げて アクを 抜く


そうすることで アクが適度に抜けることで  天然ものらしい

強い甘み  生きるだろう!!


天然の新芽うるいと 向き合って また天然ものだけが 持つ

力強い自然の甘み 奥深さに 感銘いたしました涙



まだまだ  知らない食材 いっぱい あるなぁ~~~~~~~!


頑張るぞ~~~おぅちからこぶ

「 おぅ 」 とか一人で 言ってるし(笑)





鶴岡のヨッシー 新芽のウルイ ありがと~~~~~~~~うface05


ヨッシーは ちょっぴり アホな イタリア料理のイケメンシェフです(笑)


今度 改めて 紹介します  こうご期待!!







よっしー! お互いに がんばりましょう!





追伸

九代目 座右の銘   「 日々精進  」  


中学校の時の親友が、私に送ってくれた素敵な言葉です。

いつも、大事にしていますface01



カッコ よすぎたかなぁ~~~!?(笑)


  


Posted by 九代目 at 14:59Comments(2)

2014年04月21日

宿の名物



こんにちは九代目です。




宿のさくらが満開!この季節に紹介したいものがあります!



宿名物!季節の骨酒!です


さくらの季節に旬を迎える
潮才ふぐの骨を使った骨酒!

骨を換気扇のダクトに半日位吊して後は冷蔵庫の風が出る所で2三日干してOK




それをしっかり炙りカンカン熱い日本酒にいれます。


蓋をして1・2分で出来あがり



炙った香りと骨からにじみ出る旨味が酒に染み渡り、


ノックアウト間違いな〜し(笑)



河豚の骨のしみじみと奥深い旨味に


思わず顔がニヤけてきますよ!




他に季節によって、さより・かます・甘鯛などあり!




それぞれに個性的で素敵なお骨ちゃん達です(笑)



ちなみに九代目、自らも晩酌には季節の骨酒を美味しく頂いていま〜す…[うめぇ〜とか言いながら・・]








味見と評してね?(笑)
  


Posted by 九代目 at 12:41Comments(0)新メニュー