2016年11月22日

晩秋の紅葉鯛❗

こんにちは!九代目です。

紅葉鯛の紹介させてもらいます。





写真のように晩秋に丸マルと
太り始める天然鯛です!


晩秋の頃に旬を迎える天然鯛は、
1年の中でも脂がのり始める
美味しい時期であります。

春の桜鯛は、産卵期でありまして、
白子、はらこに栄養が取られます。

産卵が終わった夏の鯛は
身が痩せてしまい、
犬も喰わぬと昔から言います。

産卵の直後が味が落ちるのです!


要するに春の産卵に向けて最も鯛が
餌を食べます。


秋から冬にかけて
身に脂が蓄えられ、脂がのり
美味しい時期です。



もみじが真っ赤に紅葉を迎える頃に、
脂がのり始め美味しくなることから、
その時期の天然鯛に敬意を
表して日本料理の世界では
紅葉鯛(もみじだい)
と呼びます!






皮を引くと皮下に白く脂がのって
銀皮も艶々として光ってるのが、
写真で分かるりでしょうか?



宿では、紅葉の時期に懐石コースの
向付で昆布締めで登場します❗


紅葉鯛に敬意を表して
器は、唐津焼の名工である
13代窯元 中里重利作の
古唐津輪花向付に盛らさせて
頂きます!






鯛の上身に、薄塩をあて天然の昆布を
鯛の身にあてて昆布締めとします!



紅葉鯛は、そのままでも、充分に
美味しいのですが、昆布が鯛の余計な
水分を抜いてくれると同時に

鯛の旨味成分のイノシン酸と
昆布の旨味成分のグルタミン酸の
相乗効果によって鯛の持ち味を
充分に引き出していると…






紅葉の紅葉の時期に
紅葉鯛のお造りを頂くなんて
なんて贅沢なことでしょう✴


日本の四季に感謝!
自然の恵に心から感謝です!


日本料理は、簡単に言うと
季節を食べる料理です。

山紅葉や楓の雑木たちの紅葉は、
自然が織り成す芸術の極みです!





山もみじが紅葉の時期に、紅葉が見える
数寄屋の中で紅葉鯛の料理を食べて
もらいたい!


なんて風流なことでしょう!




私の夢の中の
1つですね…





九代目






  


Posted by 九代目 at 00:12Comments(0)旬暦(秋)

2016年11月13日

錦秋❗古代ロマンに心を馳せて…

こんにちは!九代目です。


さわおと温泉は、秋も深まり、
朝晩の冷え込みも始まり、
いよいよ冬の足音が、もうそこまで
聞こえそうな今日この頃です。



朝晩の寒暖が増した中で、宿の『楓の庭』の
山紅葉の葉は、一気にオレンジや
赤に染まり紅葉を楽しませて
くれてます!









11月は、さすが霜月とも
言いますので朝の寒暖の差が、
山紅葉の葉に綺麗な色に
染めて紅葉させてくれる
ようです!


ちょっと哀愁を感じ心が
ホットします…









晩秋の『楓の庭』は、黄色やオレンジや
赤色と錦秋の山紅葉のアプローチを
彩り、お客様を迎えてくれて心を
癒してくれているようです!







里山の景色も、すっかり晩秋に
相応しく錦秋の紅葉ですので、
温泉に入りながら
紅葉を楽しんでください!






そして、日頃疲れた心と体を
温泉で癒しに来て
頂きたいと思います!




話は、少し飛びますが、
さわおと温泉の
歴史に触れます。



さわおと温泉は、1200年前の
大和の時代から、この土地の
人々の体と心を癒してくれた湯です!


1200年まえに、多賀城政庁に
将軍の坂上狩田麻呂(かりたまろ)公が
駐屯していた時代に久門長者屋敷に
支えていた娘を見初めて、
生まれた子が千熊丸!


その子が後に奈良に上京して大将軍に
なられた坂上田村麻呂公だという諸説、宿の
周辺に残る言い伝えがあります。


蝦夷と大和朝廷の長き戦いを
鎮めた貴人なのです。



その時代に人々は、田村麻呂を生んだ
お姫様を誇りに思い、その姫を
この村で敬い【沢乙女】
サワオトメと名付けて後世まで
伝えられてきました!

いつの時代からか、沢乙女の
女の字が
無くなりました。


だから沢乙(さわおつ)温泉と
書いて


沢乙(さわおと)温泉なんです!


沢乙温泉周辺は、将軍の坂上田村麻呂が
生まれ育った場所!

(田村麻呂は、幼少期に利府から
青麻の坂を登り、当時の高層の
僧侶が滞在していた日本三大山寺の
泉区七北田の洞雲寺で勉学に
励みました)



当時の激しい戦いの兵士の傷を
癒した温泉!


この地で沢乙女が誕生した場所!



それらの史実を後世に伝えながら
沢乙温泉を湯守させて頂きたいと
考えております。



沢乙温泉の里山の景色の中で





古代ロマンに心を馳せて
温泉に浸かり、大和の時代から、
里山のこの地を
守り続けた先人たちや
自分等の御先祖様に
心を寄せて感謝の気持ちを
抱きながら湯に浸かるのも
温泉の楽しみ方の1つでは
ないのでしょうか!



きっと、大和の時代から
1200年の時空を越えて、
いにしえの思いを
感じることが出来る
かもしれません!






きっと、きっと、古代の
先人方も錦秋の紅葉の美しさに
心を打たれていたと
察します…


日本の四季は、
本当に素晴らしい~(嬉)



いよいよ食材も、冬の食材となり
1年で最も食材が充実する時期です!



里山の野菜たち、大根、聖護院かぶら、
仙台白菜、仙台チヂミほうれん草など
仙台曲がり葱など、
冬の寒さで甘みが増して
美味しい時期です!



魚介も、天然ぶり、平目、フグ、
タラの白子、牡蠣、マグロ、
貝類など1年で最も脂と
旨味が増す時期です。


日本四季の食材もまた素晴らしい~~


食材の持ち味をとことん
引き出せるように
料理とお客様に心を
砕きたいと思います!






錦秋の紅葉のように

真っ赤に燃える情熱を持って

生きていきたいなぁ…



九代目







  


Posted by 九代目 at 16:54Comments(0)楓の庭