2017年07月25日

清らかな水の味わい真子鰈❗

夏に旬を迎える真子鰈は、造りに限ります。
目利きは、信頼している仲買人にお任せしてます。



やはり、真子は、指し網で揚がった活魚で、身が厚く1キロ~1.5キロ位の大きなものが上物です。

私は、真子鰈の肝の旨みを生かしたいので鮮度の良い活け物でお願いします。




肝は、さっと湯を見せてから氷水に取り
裏ごしにかけて、すり鉢で醤油とポン酢を
足しながら肝醤油」にして、お造りの
付け醤油にします。

真子鰈は、鮮度の良い活け締めしたものは、
少し厚めのそぎ造りに切り付けて
塩とスダチで頂くのも美味しいです。



写真のように薄造りにして、
たっぷりの柑橘類で作った
手作りの熟成ポン酢でも
鰈の持ち味が生きて美味しいです。

肝醤油と薬味の入ったポン酢をどちらかを
お好みで付けて、真子鰈のお造りを楽しんで
頂きたいです!

真子鰈の爽やかな味わいを純粋に
楽しみたいならポン酢がお勧め…

夏にきりりと冷えた日本酒と合わせる
なら、私は肝醤油も素敵です!

夏の旬の真子鰈の味わいは、海の魚なのに
山奥の天然水のような凛とした
爽やかで清らかな奥深い美味しい水の
ような味を感じます…

真子鰈は、美味しいだけでなく、
夏に心をすーとさせてくれるような
清涼感ある清らかな旨みのある
味わいの魚だと認識しています!


九代目  


Posted by 九代目 at 20:53Comments(0)旬暦(夏)

2017年07月22日

天然うなぎ(松島湾産)❗



天然鰻は、今では漁獲量が殆どなくなってしまった大変貴重な食材になってしまいました。




養殖ものでも美味しいのですが、やはり天然うなぎは、旨みと脂の質が、全くもって違います。

口にした時の胸をわしづかみされるような圧倒的な
旨みと脂の旨さがたまりません。脂が決してくどくなく臭みもなく、食べた後に脂がさらりとなくなりますが、旨みと風味の余韻が続きます!

やはり、天然うなぎは白焼きに限ります。塩と優しく鮫皮で卸した本山葵で頂くのが、一番のような気がします。




天然うなぎの白焼きには、きりりと冷えた『ひやおろし』かなぁ。人夏越えて熟成した少し濃厚な味わいが、天然うなぎの旨みと上品な脂の旨みとベストマッチ!表現の仕方がちょっと古いかなぁ~(笑)




白焼きの他にお勧めなのが、

『天然うなぎの新蓮根蒸し!』



白焼きして、醤油を1回だけ軽く塗った
一回醤油で味付けして切り分け、新蓮根の
すりおろしに少量の卵白を混ぜ、うなぎの上に
乗せ、蒸し上げます。
仕上げに、宿の命の出し汁に本葛で軽くとろみをつけ蓮根蒸しにたっぷりと掛けます。
うなぎと出し汁の風味を損なわないように
山葵を少量の出汁で溶いて辛味をおさえた
溶き山葵をたっぷりのせて完成です!

鰻と蓮根は、出逢いもので相性バツグンなんです。


私が小さい頃は、宿の前の榎川(えのきがわ)にたくさんの天然うなぎが昇って来て父親が、鰻を獲って焼いて食べさせてくれました。

『あの味が、忘れらません…旨かったぁ』
なぜか、心に沁みます…

鰻は、夜行性なので、夕方に生きたドジョウを針に付けて川に仕掛けを父親と一緒につれていってもらったなぁ~
次の早朝に天然うなぎが、掛かっていて親子で喜んだのを思い出します。あれは、40年余り前です…

父親と一緒に獲った鰻だから、心に沁みた味だったのかなぁ~?

昔は、父親に天然うなぎを卸してもらい食べさせてもらったのに…今は、自分が鰻を卸して焼いている。
それを父親に食べてもらっている…

時の流れというのは、不思議なものです…


今は、残念ながら河川の下流にダムのように関井があるので鰻が宿の川には、昇りません…残念


あの頃、みんなで味わった感動した
『天然うなぎ』の味を夏から秋にかけて
宿でお客様に御用意出来る日を夢見ています…


九代目


  


Posted by 九代目 at 15:39Comments(0)旬暦(夏)

2017年07月16日

ケツメイシライブ❗

こんにちは。九代目です

昨日と今日、H29年7月15日.16日は、
宿の向山のグランディでケツメイシの
ライブです!



実は、私もケツメイシのファンなんです!

ライブに駆けつけたい気持ちを抑えて、
ファン方々が、素敵な旅になるようにおもてなし
をしたいと想います。

ケツメイシのライブの盛り上がりに、負けないように…ライブ後の『みやぎ旬菜弁当』や朝食を食べてもらい、ライブの盛り上がりを損なわないように頑張りたいです。

気合いを入れて『みやぎ旬菜弁当』と次の日の『こだわり和朝食膳』の仕込みを『命』かけて頑張ってます!

お笑い芸人『ゴルゴ松本』のまねして、
調理場で一人で『命』やってます…
ゴルゴうちみ(笑)


それを見てる妻の若女将は、
『真面目にやれと…』ちょっと呆れた顔で…





私自身も、人生の岐路、挫折、不安、喜びの時に
ケツメイシの楽曲に励まされた一人です。

『涙』、『ライフ イズ ビューティフル』、
『バラード』、『友よ この先もずっと…』など

人生の中で、どうしてこんなにも涙が溢れ流れるのだろう?

どうして人生の歩みの中で、こんなにも大きな壁が自分の前に立ちはだかるのだろう?

会いたくて会えない辛さ…こんなにも
切なく想えたのは君だけ~ケツメイシの『バラード』の歌詞のように、どんなに辛くても人を心底好きになれた幸せを感じる大切さ…

友達は、何十年経っても、たとえ会えなくても、
ずーと心は繋がってる!
友達との『絆』が頑張り続けられる心の支えになることを…
だからこそ、『友よ ありがとう!いつまでもずっと…』


ケツメイシの楽曲から、いろいろ事柄を教えてもらい、自分の人生とリンクして励まされて、勇気と元気もらった気がします。


音楽って本当に人を幸せに出来るパワーを
持っていて素晴らしいものではないでしょうか…


宿としてもライブに負けない位の思いやりの心で、みやぎ利府に訪れたお客様に楽しんで
もらいたい…素敵な旅にしてもらいたい!

そんな気持ちで、ケツメイシのファンのお客様に、おもてなしさせてもらい『旅を一生の思い出』にしてもらえるようにお手伝いしたいです。

カップルのお客様には、ケツメイシの『バラード』のように…

悩みを抱えているお客様には、『涙』『ライフ…』
のように…

友人同士や子供達のお客様には、『友よ!…』のように…

ケツメイシの曲が、それぞれのファンの一人ひとりの心に寄り添って心を温めてくれているように…


宿でも、一人ひとりのおきゃくの心に寄り添うことが出来ればなぁ~と…

実際は、人の心に寄り添うことは、難しいことかもしれません…

でも、私は諦めないで宿の主人としてお客様の心に寄り添ったおもてなしを探求していきたいと想います!


旅で出逢った景色!
旅で出逢った人々!
旅で出逢った宿のおもてなし!

それらが、心地よく響きあったときに
その旅は、旅人の一生の思い出になる。

宿のコンセプトである
『旅は人生の宝物!』を
信じて、今日も頑張りたいと思います。

ケツメイシライブ in 利府 が
皆さんの『一生の宝物』になることを
心から願い、お手伝いさせてもらいます!

九代目


  


Posted by 九代目 at 17:12Comments(0)