2018年06月08日

大紫露草!

宿の生け花です。




露草は、花がほとんど青色なんですが、
今回は、畑に植えてある園芸種の大紫露草です。



花びらが大きくて、カキツバタを小さくしたような高貴で可愛いい感じが大好きです。

私は、日本画の中でも国宝 尾形光琳『燕子(カキツバタ)屏風図』が、大好きです!!

東京での茶懐石の講習会の帰りには、根津美術館で「カキツバタ屏風図」を拝見に伺います。


紫の高貴な花の風合いと葉の翠のコントラストが
大好きです。色合いが似ている大紫露草にも心が奪われる想いです。

そして、びっくりすることが、露草なので
夕方五時ぐらいになると花びらがしぼんでしまいます。
次の日の朝、太陽が昇ると花びらが開きます。
不思議なことに、お家の中で生け花にしても朝方に花がひらいて夕方花びらが閉じます。



植物の不思議な体内時計の凄さを感じます。


生け花の心得
『花は野に有るように!』

野に有るように一種類で生けてあります。


素朴で自然な感じが、素敵なだぁと想います。


               九代目主人  


Posted by 九代目 at 06:59Comments(0)宿の花