2019年01月19日

滝桜の森‼️

川沿いの庭の構想が中々決まらず、主人の要望と造園家のイメージの擦り合わせに少しばかり困惑しておりました。

今回の庭の施工業者は、玄関の第一期工事「楓の庭」を作庭した白石の「よっちゃんの庭工房」さんです。



川沿いの庭の名前は「滝桜の森!」




三春からご縁があって来てくれた滝桜の子供たちを
中心にしてその脇をイロハモミジが彩る構想に決まりました。

以下は、造園家のよっちゃんと九代目の熱い打ち合わせの掛け合いです。

よっちゃん
「あの大きさの垂れ桜が植わったら
川側の山は、雑木ばやしではなく、イロハモミジだけにしたほうが、桜をいかすことができるんじゃないかと考えてます。滝桜のまわりも、スッキリしてきもちいいですもんね」

九代目
「確かに…
基本的には紅葉と桜のコンビが似合うと想います!
しかし、葉が落ちている半年の間の情景が少し寂しく問題です。葉が落ちている冬場に少し緑色があると違うと感じます。
常緑樹が無いとすれば低木や下草の緑色が少し入らないと冬場が寂しくならないか…とても心配です!
第一期の楓の庭も会長の大紅葉も落葉後に回りに緑が無いので冬場の期間は、寂しさを感じてしまいます?楓の庭の向かって左側は、カヤ、やぶ椿の緑色が入っているので冬場も素敵に感じます。
基本的によっちゃんにお任せますが、一期工事の教訓は少し生かしたと思います!」

よっちゃん
「私桜の回りに、常緑を植えても、景色の邪魔になり30年後に必ず切るようになります。
それだけ、あの桜は力をもっています!
親方が目隠しをしたいといっていた気持ちもわかりますので、目隠しのヤブツバキを植えるのでれば、桜は、入り口付近だけにして、雑木と、常緑の苗を植えた方がいいとおもいますよ信じてもらえませんか?
沢乙温泉のことを想っていなければ、あのような桜も、もっていっていません
想像してください。滝桜の森ですよ!!
道路からも駐車場からも、優雅に眺めたいとおもいませんか?常緑はアプローチ付近の、山だけでいいと想いますよ。
私のこと信じてもらえませんか!?
私は、予算をけちるためにいってるわけでは、ありません。信じてくださいっ!!!」

九代目
「紅葉と桜の間に中高木の常緑樹入ると確かに将来庭がうるさくなるような気がしますね。
この場所に三春の滝桜の子供たちが来てくれたのもご縁でしょうね!
よっちゃんの庭への情熱と感性にお任せします!
桜と紅葉の持ち味が生きるように最善尽くしてください!よっちゃんを信じます!!」

よっちゃん
「今回の大庭は、アプローチ回りの雑木林と
川側の滝桜の森2パターン楽しめますね!」

九代目
「よっちゃんの熱い情熱には、敵わないですよ!」

よっちゃん
「わがままいってすみません!それだけ、今回の庭にかける思いが強いので理解頂きありがたいです!」



これで、やっとの想いで新たな沢水流れる大庭建設の川沿いのコンセプトが施主側も作庭側も十分納得した上で決定致しました!


造園家のよっちゃんの熱い情熱と気迫に川沿いの庭のコンセプトを納得させてもらいました。



三春の滝桜のDNAがこの沢乙温泉の地で優美に輝くことを祈ります!

本当に人の熱い思いって相手の心を大きく揺さぶるものですね!!!


           九代目主人 内海貴史




  


Posted by 九代目 at 03:33Comments(0)沢乙の庭