2019年09月02日

慈愛の心!



自分を戒める為に何度も書に向かう

人間関係は難しい

相手を大切に想えば想うほど離れてゆく

それは私の言動が仇となる

相手の悩みに自分が勝手に入り過ぎて
一方的な優しさのつもりで自分の考えを
相手に押し付ける。

結果、相手を傷つける

私の優しさ=偽善(自己満足)なのかもしれない…

だから自分が優しさを口にすれば
人は皆傷ついてゆく

私の中に真実の優しさや相手を思いやる慈愛の
心が存在していたら、家族、友人、知人、スタッフ、お客様、周りの人達を傷つけないし、人が離れてゆくことは、少なくなるはず

今までも人間関係が上手くゆかず、人と疎遠に
なったりした時も、きっと私の自惚れた
感情や自己満足心など己の人間性の悪さが
証明された結果だったはず…

私から人が離れることは、必然的なことだったのかもしれない

私の自惚れた心、偽善の心、自己満足の心が
全て悪い


もっと謙虚な気持ちにならないと…

自惚れた人間性をしっかり反省して
改心してゆかねば人と共に生きてゆけない

人と共に生きるからこそ
心豊かな人生になるはずだから…

何が正しいのか、正直わからない

ただ心を込めて強く生きれるように

相手を想う慈愛の心

その真髄をみつけたい


             九代目当主  


Posted by 九代目 at 12:40Comments(0)九代目「書」