2017年12月30日

南東北インターハイ❗

南東北インターハイのブログの記事のアップを
忘れておりました!

年の瀬にギリギリセーフ…(笑)




今年は、山形、宮城、福島の3県で開催さます。

利府町のグランディ21では、女子バレーボールの
種目が開催されます。

沢乙温泉には、名門古川学園女子バレーボール部が
お泊まりになります。

古川学園さんとは、本当に長い30来のお付き合いをさせてもらっております。
宿は、古川女子商業時代から名将国分監督に信頼され、ありがたく常宿にして頂いております。


現在は、国分イズムを立派に継承されて、更なる
境地で岡崎監督が、子供たちに深い愛情をかけて
おられてしっかりと名門古川学園を支えておられます。

先生は、どんな状況でも子供たちのことを想う愛情が大きく、こちらにもそれがひしひしと伝わり宿としても自然と心から応援したくなるのです。

長いお付き合いのなかで、古川学園さんの子供たちに対しての愛情溢れる教育方針を感じとることが出来ております。

大会や合宿中は、挨拶や生活の規律がしっかりしていて、バレーボールで疲れているにも関わらず、生徒さんたちは、夜に仲間同士で協力して必ずや部屋やロビーで勉強もしっかりしている姿は、凄いと感銘致します。

名門チームは、スポーツの技術だけでなく生活面も
素晴らしく、人間性を教育して磨いているからこそ、長い間、名門チームを守られておられると感じます。

名門が故に監督さんのプレッシャーや御苦労は、
計り知れない重圧だと察します。

沢乙温泉としても、長いお付き合いや普段からの頑張りや伝統を目の当たりしているから、古川学園さんにはファミリーような親近感が湧いて心から活躍を願い応援したくなるのです。

私は、今回のインターハイが地元開催なので、
子供たちは、プレッシャーを感じているのかなぁ~と察して、生徒さんに質問してみました。

ある生徒さんは、
『プレッシャーよりも、楽しみたいです!』
『いや、楽しみます!』と
ハッキリと答えるのです。

なんと、しっかりした精神力でしょうか…

普段からの厳しい練習で、心と体を鍛えて
いるからだなぁ~と感じます…
先生方の御指導の成果のたまものだと思います。


古川学園の子供たちのような強い精神力を持った人が、将来社会で活躍して、社会に必要とされ、人に喜ばれる人材になって羽ばたいてゆくのだろうなぁ~と想います…


地元開催のインターハイだから、いつもお世話になってる先生方や御家族が応援されるはずです。
普段から支え合っているお友達が心から応援されると思います。

古川学園バレーボール部の皆さん!
先生方や御家族の『愛情』と友達の『友情』を
大いに感じて、自分たちの力に変えて、
活躍してほしいです。

宿としても、心から古川学園女子バレーボール部の
健闘を心からお祈りしています!

『がんばれー古川学園!』


九代目主人





同じカテゴリー(さわおと温泉物語)の記事画像
ネパールからの願い‼
同じカテゴリー(さわおと温泉物語)の記事
 ネパールからの願い‼ (2017-12-25 09:45)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
南東北インターハイ❗
    コメント(0)