2018年12月08日

「牡蛎と牛蒡の炊き込み御飯」

新作の季節の炊き込み御飯が完成しました。

自分的には、渾身の新作です!



「牡蛎と牛蒡の炊き込み御飯」

作り方

合わせ調味料(米1合)

水  180cc
酒   18cc
淡口正油 10cc
塩    1㌘
昆布    1㌘



鍋に合わせ調味料を入れて煮たったら、牡蛎のむき身を入れてコトコトと優しい火加減でしっかりと牡蛎に火を入れて牡蛎スープを取ります。そのまま牡蛎をスープに一晩漬け込んで牡蛎のエキスたっぷり含ませておきます。

米を研いて牡蛎のスープを小一時間吸水させて水盛りと味を整えます。

そこに、牡蛎の持ち味を生かすために「笹がき牛蒡」をたっぷり入れて炊きあげます。

蒸らしの時点で牡蛎の身を入れて少し蒸らしたら完成!

牡蛎の持ち味が、生きる食材の組み合わせを探求しました。



いろいろ試行錯誤しましたが、牡蛎の持ち味を生かしてくれる名脇役は、「笹がき牛蒡」でした!


牡蛎と牛蒡の炊き込み御飯は、海も里もある故郷の情景に合ってると感じます!

食べていて沁々と美味しく感じる奥のある料理が完成したような気がします。

素材の持ち味を生かせた料理が出来た時は、ホントに幸せを感じます。

そんな時に、料理人冥利につきます!




            九代目主人 内海貴史


同じカテゴリー(旬暦(冬))の記事画像
冬の絶品『白子豆腐‼』
松島穴子と百合根かぶら蒸し❗
同じカテゴリー(旬暦(冬))の記事
 冬の絶品『白子豆腐‼』 (2018-02-03 15:48)
 松島穴子と百合根かぶら蒸し❗ (2015-10-17 11:25)

Posted by 九代目 at 23:48│Comments(0)旬暦(冬)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
「牡蛎と牛蒡の炊き込み御飯」
    コメント(0)