2020年04月06日

宿の情景を器に写す!

宿の里山の情景を器に写します!




向附 「天然平目昆布締め黄身おぼろ和え」

里山のつぼみ菜、山うど、松島一番摘海苔

本山葵と柑橘加減正油にて

黄と緑のコントラストが春の装い

白身昆布締めと朝摘み蕾菜の甘味の重奏

黄身おぼろの食感がフワフワとした春頃の気持ちにしてくれるように…

旬の三陸魚介と里山の野菜山菜を組み合わせ
里山の情景が浮かぶような料理観

食材の持ち味を生かし宿の情景に似合う料理

それが九代目の「里山懐石」の世界です!



宿の情景に似合う料理だと感じます


器 九谷の名工 山本長佐


             九代目


#みやぎ利府町#沢乙温泉#うちみ旅館#料理旅館#懐石料理#美食#ローカルガストロノミー#地方の美食#仙台観光#松島観光#器好き#器は料理の着物


追伸

九代目インスタグラム初めました!

【沢乙温泉 うちみ旅館 九代目】

宜しくお願いします!!  


2020年04月03日

コロナ政策「子どもは故郷の宝」

日本コロナ蔓延を目の前して思います


100年前のスペイン風邪を調べたら全世界で5億人感染して5,000万人死亡…終息まで2年

当時早い段階で社会的距離政策をしたところは、感染率も死亡率も低くかった…

歴史は必ず繰り返す!!

流行して人間が免疫出来る最初の24週目まで死亡率が高い…本当に怖い

生きるためには、仕事も商売も大切かもしれないけど…死んでしまったら何の意味もない

人生は、例え失敗してもやり直しが出来る


「沢乙の石碑」
※金銀財宝よりも何にもまされる宝が子ども
※子を深く愛する思いやり「慈しみ」が生き続けるこたを願った碑

未来ある子供たちの命だけは、社会、政治がもっと真剣に考えて守ってあげなきゃいけない

それが社会や大人たちの使命ではないでしょうか!

今から約100年前に戦争で戦った日本兵の方々も一番に大切な家族を守りたい!愛する家族がいる日本国を守りたいという強い精神でした



沢乙の石碑裏メッセージ
「子は故郷の宝」


今だからこそ、何を一番守るべきか…

「子供は 故郷の宝 日本の宝 未来の宝」です!

アメリカ初め、ヨーロッパ各地では経済よりも今は人の命を優先しています

今日の国会議論でも大人の社会のことばかり…落胆します。

日本は、今こそ子供を深く愛する「慈しみの思い」を抱くことが一番必要だと思います






早期に国民感染検査実地や学校閉鎖や都市封鎖(ロックダウン)などの決断力!

コロナ終息するまで、思いきって昔のように出来るだけ地域の人が力を合わせ、消費を地域の中で回す

難しいことかもしれないけど、今こそ勇気ある政治判断が必要だと思います

コロナが蔓延して未来ある子供たちの命が危うくなる前に…

慈しみに満ちた世論、勇気ある政治判断、決断力を願います!

子ども達の未来のために…

心からコロナ終息を祈ります!!

             
             九代目  


Posted by 九代目 at 04:31Comments(0)九代目語録

2020年04月02日

浴室貸し切り風呂対策!

うちみ旅館ではコロナ感染対策として
お客様同士の濃厚接触を避けるために最善策を打ち立てました!

1、食事を個室会場とする

2、夕食後21時以降の入浴を2つの浴場と
 露天風呂を共に1時間づつの「予約制貸し切り  風呂」の御利用とさせて頂きます。
 
 朝風呂のご利用も前日予約制の貸し切り風呂と
 致します



  
温泉で気ままに好きな時間帯に入浴出来なくなるケースも出てくると想いますが、お年寄りとお子さまを感染から守りながら営業するための苦肉の対策案でございます。








入浴でご不便お掛けする意味合いでも、コロナストレスでご利用しやすくする意味合いでも、1泊二食付宿泊プランを当面の間(4月5月6月)におきまして30%割引とさせてもらいます。

当館のコロナ感染対策案をご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

ご理解のほど頂いてもらえたら幸いでございます。


              九代目当主



  


Posted by 九代目 at 20:30Comments(0)お知らせ-企画

2020年04月01日

東北湯けむり紀行!

東日本放送の「東北湯けむり紀行」のテレビの取材を受けました。




(取材の料理)

もちろん、いつもと同じおもてなしの心で料理に真心込めました!

コロナで外出自粛ムードの社会情勢の中で、テレビの取材を受けるか断るか迷いました…

今こそ、旅とはご会食とは何か?

温泉旅館業や会食の本来の意味合いを深く考えました。

震災の時もそうでしたが…今回のコロナウィルス被害において、とても深くその意味合い考えるきっかけとなっております。

大変な時に温泉旅館やご会食は、今すぐ必要ではないことかもしれない…

しかし長期的に見ると人生の中で宝物となりえる大事な思い出の場面ではないでしょうか?

卒業祝、卒業旅行、入学祝、送別会、仲間との旅、家族での旅行、それぞれの人生の節目の思い出の大切な場面だと思います!

その大切な場面でお客様のお手伝いを心を込めて挑みたいと改めて思いました。

そんな思いでテレビの取材に答えて、取材される局の方をお客様だと想い、精一杯のおもてなし致しました。

この時期だからお泊まりやご会食の依頼を受け入れる上でコロナ蔓延を防ぐために細心の対策が必要不可欠ですが…




宿のコンセプトをテレビ局のスタッフの皆さんに熱い思いでお伝えしました!

少し熱つ過ぎたかなぉ?…笑



温泉旅館、レストランは、人生の大切な場面で、人の心を温めることが出来るお仕事なんだと思います。

お客様のご要望があれば、「旅は人生の宝物」「食は人生の名場面」を合言葉にスタッフ一同で心を一つにしておもてなし致します。


お客様の心に寄り沿い、心温まるもてなしを目指して精進したいと思います。

KHB「東北湯けむり紀行」の放送は、4月9日木曜日又は16日木曜日どちらかの夕方放送予定です!


          九代目当主





  


Posted by 九代目 at 19:29Comments(1)お知らせ-企画

2020年03月31日

コロナに負けるな割引プラン‼️

うちみ旅館では、コロナ蔓延対策として団体様の受け入れを当面の間に御断りすることを決定致しました。

次にコロナウィルスが落ち着くまで、しばらくの間
遠方のお客様の御予約はご遠慮して頂きます。

東北限定にお住まいの方のみの御予約を頂戴することを決断を致しました。




コロナショックで経営が厳しい中、コロナウィルスから大切なお客様の安全を第一に考えた上での決断です。

何卒ご理解のほど宜しくお願い致します。


宿のコロナ感染予防策として…

1、夕食会場は、完全に個室を設け濃厚接触を避
  けるようにします。朝食におきましても個室   を設けるか席間を充分な位に離して御準備
  致します。

2、館内の徹底した消毒と換気を致します。

3、2つの浴室と露天風呂を予約制貸し切り風呂
  にしまして1時間づつのご利用と致します。

4、日帰り入浴と宿泊者の接触を回避するために、  混雑時の土曜夕方の外来入浴を中止致します。

自粛政策、経済景気低迷、コロナストレスの中、コロナが落ち着いた段階になった時には、当館をより御利用して頂きやすいように割引プランを立ち上げます!




(沢乙の庭4月5月6月の新緑)

「コロナに負けるな割引プラン!」

⚪懐石料理1泊2食宿泊各プランを30%割引

九代目特別懐石20,000円→14,000円税別

スタンダード懐石プラン15,000円→10,500円税別





(リニューアルした2つの露天風呂)


⚪人気の和朝食付きプランと素泊まりプランは、15%割引でご用意致します

※期間や土曜日、GW期間の料金は多少の変動あります。HP参照してくたさい。
を参照してください。

※割引各プランにおいて、全て料理のクオリティーは決して落とさずに心からのおもてなしをお約束します。








(懐石料理の一部)

うちみ旅館では、感染対策を徹底してコロナで落ち込んだ社会情勢だからこそ「慈しみの想い」で社会貢献出来るように企業努力を致します。


沢乙の庭は、4月5月6月の新緑がオススメです!

お客様の心を少しでも温めることが出来るように

コロナウィルスの終息を心から願います!!

            九代目当主  


Posted by 九代目 at 18:45Comments(0)お知らせ-企画

2020年03月28日

料理に想い込める!



○炊合 「鰊昆布巻と季節野菜含め煮」

芽キャベツは、芽吹きの勢い感じられるように…

春大根は、扇型に飾り包丁入れ善いこと広がりますように…

木の芽南瓜は、喜の芽と書くことから喜ぶことが沢山ありますように…

相手の幸せを願い想いを込めて一品一品と別々の鍋で丁寧に炊きあげ、それぞれの含め煮を器の中に合わせます。





日本料理は、食べ手に愛を込めます!


「料理は想いやり」


器 織部市松菱形鉢


         九代目

  


Posted by 九代目 at 23:12Comments(0)料理心得旬暦(春)

2020年03月25日

リュウキンカ(立金花)!



初春に沢乙の庭に咲く山野草

リュウキンカ(立金花)咲きました!



若々しい若葉と眩しいほどの黄色 
緑と黄色のコントラストが春の装い




花言葉は「必ず来る幸福」

 
コロナショック、オリンピック延期の中で
リュウキンカの花言葉に励まされています!


コロナが蔓延しないで終息することを祈ります


             九代目




  


Posted by 九代目 at 14:30Comments(0)宿の花

2020年03月23日

日本美意識!





入り口の土塀、沢乙の庭アプローチ、玄関改装、2階漆喰ベッドルーム特別室(改装計画中)、竹林見える貸し切り風呂(新設計画中)と一歩づつ九代目が目指す世界観にリニューアルしています。


入り口の土塀は、石積、本土壁、昔ながらの小瓦
伝統的な造りに現代技法である黒の浮き文字仕上げ


天然紅葉に囲まれた自然石乱張りアプローチ
石積の版築(はんちく)土塀


玄関は、数寄屋軒並み、洗い出しの土間、土壁掻き出し仕上げ


竹林を眺める貸し切り風呂建設予定地


器 唐津の名工 中里重利作

これからも宿の情景、建築、器、設えを日本美に整え、うちみ流懐石で非日常的な空間に漂う日本美意識を堪能してもらえるように努力してまいります!

うちみ旅館のファンの皆様、応援のほど宜しくお願い致します!!


              九代目当主  


Posted by 九代目 at 17:58Comments(0)名旅館への道

2020年03月22日

春の苦味を食らう!



旬菜「七ヶ浜白魚と新若芽」

うちみ旅館流は、ウズラ黄身ぽん酢で食べてもらいます

春の白魚のほろ苦さをウズラの黄身が引き立てくれます!






新酒の若々しさとほろ苦さが、白魚のほろ苦さと相まってバッチリっ

苦味と苦味のマリアージュは春の醍醐味です!

日本料理で春を食すということは

山菜など特有の春の苦味を楽しむこと

ふきのとう、山うど、たらの芽、つぼみ菜、わらび、竹の子…

春の美食は、食材の「苦味」を楽しむ季節です!!

冬眠する動物さえも眠っていた身体を目覚めさせるために春の野草などを食べます。

人間も本来、厳しい冬に休んでいた身体を春から活動的に呼び戻すためにも、苦味を食することは必然なことかもしれません。

きっと「春の苦味を食らう」動物の本能ですね!



ガストロミー「美食学」

ローカルガストロミー「地方の美食」

これから美食学という観点からも、より深く料理を探求してゆき、九代目料理哲学を次の当主、宿の後世に財産となるように遺してゆきたいです!


              九代目




  


2020年03月20日

山紅葉の雪景色!


沢乙の庭 雪景色ライトアップ

暖冬の今年数回しか見ることが出来なかった情景。




山紅葉や楓は、春の新緑、夏の深緑こごれ陽、秋の真っ赤な紅葉、冬の枝振りが見える木立と年中見る人を楽しませくれます。


娘の名前を「かえで」と付けるほど山紅葉を愛しています!




客室から眺める山紅葉の雪景色ライトアップは格別です!! 




雪景色の中で食す椀盛「かぶら蒸し」も格別ですよ!!!


        九代目

  


Posted by 九代目 at 01:43Comments(0)沢乙の庭