2018年06月05日

女神が宿る『沢乙女神社』‼

将来、宿で沢乙女神社を作りたいと考案しております。
場所が、沢乙温泉の新エントラス構想(沢水が流れる大庭)の中です。




入り口の土壁と沢水が流れる小川の間位に神社を宿で祀る構想をしております。

1,000年前にこの土地で誕生した沢乙女と言う御姫さまに敬意を表して、この地と民を見守る女神、湯上様として代々の湯守がお祀りしてゆけたらなぁと考えてます。
将軍の子を天から授かり、立派に深い愛情を注ぎ、この里山で子育て、後に都で活躍する立派な人格者に育てあげた母親に敬意を払いたい…子宝の神様!子育ての神様!として代々の湯守が敬意を表しお祀り出来るなら素晴らしいことではないかと感じるようになりました。

自身の夢なのか?天命なのか!?
本当に自分でも、よくわかりません…
でも感じることは、見えないものが
私に力を貸してくれているようです。

きっと温泉に関わった先人たちの魂!
熱い思いなのでしょう…





大庭工事の予算の総工費は、
1,500万円にする予定です。
(神社建設費は除く)





(沢水が流れる大庭の平面図)


沢乙女神社の予定地!


宿の客室から眺めた大庭建設予定地!

来春に1月着工予定です。

宿として、貸切り風呂付き客室などの方向性なども検討しておりました…その方が経営が安定すると考え、かなり迷みましたが…みんなで相談して長期的にみても宿が守られてきた歴史を大切に温めることにしました。


沢乙温泉が1,000後もこの土地で人の心を温めて救ってもらいたいと願います!

この村で生まれた姫が、村人一丸となって一人の子供に愛情を注いだ史実。

姫は、隣り町の当時の日本三大立山(泉区どう雲寺)に利府から毎日手を引いてお寺に連れて行き道徳、勉学を学ばせていました。息子が勉学しているときも、お寺に隣接する岩谷観音像に毎日手を合わせ、将来、この子が世のため人のためになることを祈りました。

私は、障害を抱える息子の子育てを通して、
『人は、大切に愛されて育つから、人を大切に愛することが出来る!』ことを学ばさせて頂きました。

きっと沢乙女の女神も同じ信念だと察します。
だからこそ、人に御伝えしたいと思います。

沢乙温泉の沢乙女神社を訪れた人が、『人は、大切に愛されて育つこと…』の重要性を感じ、古の姫の心に触れた時に心が救われる方が少しでも現れることを願います!

このような思いが代々と次の世代の湯守に引き継いでゆけたら、湯守の支える精神になってくれるかも知れない。
もしかしたら1,000年後も沢乙温泉が人びとの心をを温めてくれるかも知れません…

話が長くなりましたが、また、『人智を越えた力』が私を動かしてくれているような気がします。

1,000年後の沢乙温泉の存在を心から祈ります。

1,000年後も、人の心を温めることが出来る温泉に…

未来の湯守たちの心を支える精神を遺したくて…

そんな熱い思いが溢れます。


                九代目主人  


2018年06月05日

新たな挑戦‼

九代目の新たな天然鯛の潮仕立てを紹介します!

5月いっぱいまでに、真鯛の産卵が近いため近海でもよく揚がります。



『近海天然鯛と山独活の潮仕立て』

鯛と山独活(やまうど)の取り合わせは、季節もので
とても相性がよろしいと想います。お互いを引き立て合います。そこに丘ひじきと青柚子の初夏の香りを添えて…



朝締めの天然鯛だからこそ、アラも鮮度が良くて血が廻っていなく、潮仕立てのスープが美味しく取れるのです!!!

朝締めで鮮度良いアラだからこそ、スープの出方がまるで違うのです。

野締めのアラでは、上品なスープが取れません。

だから、漁師さん魚屋さんは、魚の締め方がとっても大切な工程なんです!

締め方は、刺身だけに影響があるのではないのです。アラを使ったスープに多大な影響をもたらします!

ここからが、新たな九代目の新たな試みです…

鯛の切り身に、このスープをたっぷりと張って
優しく蒸し上げます。鯛の上品な旨味の出たスープを切り身にたっぷりと注ぎいれて蒸します。
魚がふっくらと仕上がり、鯛の身がスープをたっぷり吸うおかげで美味しく仕上がるようです。

山独活も鰹のお出汁を使わず、昆布だしと鯛のスープのみで含煮をしてお椀の中で一体感を持たせます。

私的には、鯛の持ち味をとことん生かした料理になっていると感じます。

自分が言うのは、可笑しいのでしょうが、
初めて『鯛の味わいを越える』ことが出来たような気がしています。「鯛の持ち味の真味」に出逢えたような感覚がしました。

日本料理の真髄に、少しばかり触れることが出来たような気がしました。

『温故知新』
古きを温めて新しきを知る

そんな思いに触れることが出来た
新たな『天然鯛と山独活の潮仕立て!』でした。

新しい扉が開いたような嬉しい気持ちです。
              
               九代目主人  


Posted by 九代目 at 04:27Comments(0)旬暦(夏)

2018年06月02日

母子草!



宿周辺に自生する山野草『母子草』です!
別名 御形(ごぎょう)
母子草は春の七草のひとつで呼ばれていて
若い葉と茎は食べれます。

添えてあるのは、カタバミ。別名すいば

花入れ 信楽焼 渡辺愛子作『てんとう虫』



玄関のフロントに生けました。

自然の野花は、『花は野に有るように』生けるのが
極意と云われております。


『母子草』花の名前のように観る人を優しい気持ちにさせてくれます。
母の子供への深い愛情って本当に素敵だなぁ~っていつも想います。

いろいろな愛の形があると思うけど、母親が子に抱く『愛』に勝るものはないような気がします。

母性は、本能ですものね…

        
               九代目主人  


Posted by 九代目 at 11:39Comments(0)宿のいけ花

2018年06月02日

紫蘭と芍薬‼



紫蘭(しらん)と芍薬(しゃくやく)です!



春から初夏らしく黄瀬戸の花器を用いました。

花入れ  京焼 黄瀬戸花入れ
花台   杉の蛤板


黄瀬戸の器や花入れは、料理や花を自然と引き立て
くれて重宝致します。

花は、生きる力を分けてもらえるようです!

              九代目主人  


Posted by 九代目 at 11:35Comments(0)宿のいけ花

2018年05月16日

山女(アケビ)!



アケビの花です。

大きな花が、雌しべ
小さい花が、雄しべです!




左側の雌しべに、秋にアケビの実が付きます。
花を干して、アケビ茶にもします。

亡くなった先々代のお祖母ちゃんが、アケビの実が
大好きだったなぁ…。



アケビの新芽の葉がなんと綺麗な翠なことでしょう。
鈴木甚一の日本画の植物の緑の葉の色にそっくりです!?

花の紫色が、実に奥ゆかしい美しい色合いでしょうね。

私は、アケビの花が野草の中でも
最も高貴な装いの花だと感じます!?

一瞬で心を奪われるようです…。

アケビが漢字で『山女』と書くのもうなづけます!?



                九代目主人  


Posted by 九代目 at 00:05Comments(0)野草!山菜!

2018年05月15日

沢の情景から…!

料理からその土地の情景が思い浮かぶ…。

料理を食べてその土地の食の豊かさを感じるられるように…。

最近、こんな熱い思いで料理に向き合っています!

やどの裏山の沢に向かいました。



料理の創作は、時に難しい時もあるけど
熱い思いで信念持てば、きっと大丈夫!



綺麗な野草や山菜がたくさん!

籠いっぱいに蓬(よもぎ)を摘みました。


『蓬豆腐!』




蓬を湯がいて、水にさらして、刻んで、
すり鉢でしっかりと擦ります。

本葛と濃い目の昆布だしを鍋で練り上げて、
擦った蓬を仕上げに入れて流し冷やして出来上がり…。

もっちり、プリっとした葛豆腐の冷たい清涼感ある食感と爽やかな蓬の香りが、里山の情景が感じられる料理になっているような気がします。



                九代目主人




  


Posted by 九代目 at 10:13Comments(0)旬暦(夏)

2018年04月30日

料理感‼

九代目の料理感!料理哲学!を
自分なりにまとめてみました。

一、旬の食材の用いその素材の持ち味をとこと    ん生かし、お客さんに喜んでもらう。

一、お客さんと食材の声を聞いて心に寄り添い
  気配り気遣いでおもてなしする。

一、料理に故郷の季節を描くように
  料理で情景を感じてもらう。

一、料理を通して、この土地の価値を上げる。

一、食べた人に幸せな気持ちになってもらう。

一、感謝を忘れず、料理に心を込める



九代目料理例


『本鱒道明寺蒸し 春の息吹きをのせて』



『本鱒ひと塩 山桜の葉の香りに包まれて』


『前浜の魚介の造り 里山の山菜と共に』


これからは、沢乙温泉うちみ旅館の景色を描くように心がけて、料理で故郷の情景をも感じてもらえるような料理人に精進してゆきたいです!


                九代目主人


  


Posted by 九代目 at 18:51Comments(0)九代目語録

2018年04月26日

世界料理学会2‼




世界料理学会in函館を傍聴して来ました。



世界の巨匠 三國清三さん


宮城から『レストラン シェヌー』の赤間さんの紹介で三浦将尋さん『レストランmiuru』目黒浩敬『ファットリア アル、フィオーレ』が素晴らしい発表をされておりました。


夜は、シェフたちと直接お話ができるレセプションがありました。


京都の『菊の井』主人の村田吉弘さん!
私が村田さんに憧れて菊の井を訪ねてから
20年-ぶりの再会でありました。



西麻布の『アズール エ マサ ウエキ』の植木将仁さんの公演に共感、共鳴し感激を致しました。


『朝霧の能登半島恵み 春の芽吹きに包まれて!』
写真は、植木さんの料理です。

植木さんは、食材にも、お客さんにも感謝の気持ちを大切にと…。お客さんにも食材にもどちらにも喜んでもらうことが重要だと!
東京西麻布にいても、自分の生まれた故郷の景色を彩るように、皿に描くように料理に心を込めると発表しておられいました。
同世代の方で、人に対しても食材にもお客さんにもそして生まれた故郷にさえにも、感謝の気持ちで料理に心を込めておられる精神、料理哲学に感銘しました。揺るぎない信念を持つことが大切なことだと気づかされました。

世界料理学会を終え、延べ30人余りの世界のトップシェフの料理哲学、料理感に触れて感じたことをまとめてみました。

1.自分の人に対して料理に対して故郷に対してのスピリットの確立。自身の料理感や精神を導き確立して、自身が信念を持ち続けることが大切だと感じました。

2.世界の三國清三も、主催者の深谷さんも同じことをおっしゃっていたこと。
『必ずや、ひたむきな努力が必要だ!』


まとめ
自分の料理感や料理哲学を確立して、それに信念を持ち続け、ひたむきに努力することが、希望ある未来に繋がるのだではないかと感じました。


『料理に里山の情景を描くように!』

『人を大切に努力したものに、ご褒美のように素晴らしい出逢いがある』ことを信じて…。


世界料理学会の参加に背中を押してくれた人達に感謝致します。

これからも精進して料理感を確立してゆきたいと思います。

新たな九代目を楽しみに…

                
               九代目主人


  


Posted by 九代目 at 20:15Comments(0)一期一会

2018年04月23日

世界料理学会‼

私は、函館で開催される『第七回世界料理学会イン函館』に向かってます。









2日間で延べ30人の世界、日本全国の料理人の方の考え方に感性に触れることが出来る機会です!




せっかく仕事をお休み頂いたので、このチャンス生かし、料理に対する良い言葉もそれぞれの料理哲学や信念を、自分自身の料理感と擦り合わせて、いろいろな考え方を人一倍吸収して来たいと思います。

私の料理哲学の再構築になればと良いと思います。

私は、今年で45歳!
またまだ、多方面から刺激をもらい
自分を奮い立たせたいと思ってます。

これからも料理人として宿の主人として精進して
参り、成長してゆきたいと願います。

自らが、自身の無限大の可能性をも信じてあげたいです。

『頑張ります!行って来ます!』

              九代目主人  


Posted by 九代目 at 07:01Comments(0)一期一会

2018年04月18日

書道教室‼

こんにちは。

九代目主人の私は、この四月から書道教室に
通わせて頂いております。

以前から書道には、興味がありまして…。

この度、ご縁がありまして、東京の書道の先生に
月一回の予定でお世話になることにになりました。

九代目は、今年45歳になります。何か新しいことに挑戦することは、勇気が必要でした。

緊張しての初の書道でしたが、素晴らしい関大な優しい先生で、書道の魅力を多いに感じることが、出来ました。



私が書いた書です。

その道を極めてる方は、教え方も凄いなぁと実感でしました。1時間ばかり、みっちりと基礎基本をしっかりと教えてもらっただけなのに、素人の私でも少し書けるようになったのです。




先生は、『内海さん!料理といっしょですよ。一字一字、丁寧に心を込めてお書きなさい!』と…。

なるほどなぁと思いました!!

料理だって心を込めて誠実に向き合うからこそ、
新しい世界が見えて、向上するのだから…

書道の先生とは、世界が違えども同じインスピレーションを、感じることが出来ました。
この先生なら、細くでも長く続けられるような気がします。

素敵な書道の先生との出逢いに感謝です。



将来、料理の献立をパソコンじゃなく、自分の書で心を込めて書けれるようになりたい!




将来、主人の自らの書を掛け軸にしたい!
宿のしつらえを心を込めて御用意したいと夢が膨らみます。

字が早く書けたり、上手に書けることが、格好いいじゃなく、ひたむきに頑張ることが格好いい!と信じたいです。

何事も、『人より上手なことが、格好いいわけじゃない!ひたむきに頑張ることや優しい心を持つことが格好いい!』と心からそう思います!!


              九代目主人  


Posted by 九代目 at 16:53Comments(0)九代目語録