2019年04月01日

沢乙姫(阿久姫)の石碑!

九代目の書道の先生の個展で東京に来ました




今日平成31年4月1日は「令和」と新元号が決まった歴史的1日です!令和は日本最古の詩集である万葉集からの出典です。

現在、宿で建設している「沢乙の庭」エントランスに建てる「沢乙姫の石碑」に引用する俳句も4,500の万葉集の中から選びました!沢乙姫の子育ての精神に寄り添い厳選しました!

偶然ですが…1200年前の日本人が大切にする精神が今もなお人の心を揺さぶるのでしょう…





沢乙姫が生きていた奈良から平安時代の同時代の日本最古の歌集「万葉集」から和歌を選ぶことになりました。
和歌の選考は、利府町教育委員会の方が九代目の思いに共感してくれて必死になって協力して頂きました!

万葉集4,500を全部詠んで選びました。

万葉集803 反歌

銀(しろがね)も金(くがね)も玉も

何せむに優(まさ)れる宝子にしかめやも

意味合い
たとえば銀や黄金もどんなに綺麗な宝玉も
何より大事な宝物、子供にまさるものはない

作者 山上憶良 (やまのうえのおくら)
   奈良時代の貴族歌人
   子供を思い慈愛した歌が有名



沢乙姫が1,200年前にふるさと利府で坂之上田村麻呂将軍の子供を授かり、村人と共に心を一心に子供に深い愛情を注いで育て上げた親の深い愛情、姫の慈愛の精神にピッタリの和歌のような気がします!


書道の先生に石碑に入れる万葉集803番の和歌を書いて頂けることになりました!
敬意を表し石の後ろに先生の名前を入れることにしました。

先生曰く今回選んだ万葉集の歌は子供を思う慈愛に満ちた名句だ教えて頂きました。

先生に共感して頂き思いが届いて本当に良かったです。



(姫の石碑候補の蔵王油石)

沢乙姫の碑に和歌を彫る石材屋さんも私の思いに共感してくれている地元先輩の石材屋さんです。

きっと魂込めて和歌を彫ってくれることでしょう!


これで遂に共感してくれる人々が揃いました!

ひとつの思いに人の繋がりが出来て、それぞれの思いが響いています!

いよいよ、期は熟しましたっ。

明神の神様!湯の神様!沢乙の神様方!
沢乙姫含め先人の方々の魂!

「お力添えをありがとうございます」


        
         九代目当主  内海貴史
  


Posted by 九代目 at 23:32Comments(0)沢乙の庭 

2019年04月01日

待望の沢水!

遂に沢乙の庭に沢水が流れました!



エントランスに沢を作り石で段差を設け沢水が流れる音を演出しています。

二階宿泊棟の客室に沢水の流れる音が心地よく響きます。
宿泊のお客様が眠りにつく頃に沢水の音が皆さんの心を癒してくれることでしょう!




宿上流の沢水を水路を利用して新しい「沢乙の庭」に水をひいています!

この水をひいた沢の名前が宿の住所でもある「明神沢」です

明神とは神様のことです!

神がやどる沢ということです。

きっと、この沢には神がやどっていると古の人々が敬い信じていたからこそ明神という沢の名前になったに違いありません!






平安時代、宿周辺の沢で働いていた長者の娘が、将軍の姫となり子を授かり、村人と一心に深い愛情を注いで子育てした史実!

少しでも1,200年前の沢の情景を我が故郷に感じてもらえたら本望です!

沢乙の庭に待望の明神の沢水が流れましたっ!

感無量!!!


           九代目当主 内海貴史  


Posted by 九代目 at 20:11Comments(0)沢乙の庭 

2019年03月14日

土塀の土壁!

沢乙の庭の土塀に土壁が入りました!



土壁は、竹で骨組みをつくり





山砂に藁と水を混ぜて練り合わせて竹を組んだものに手で張り付ける昔から伝わる手仕事です。



屋根には昔ながら小さな銀燻し小瓦をふきます
小瓦は茶室やお城に使うものです



土壁に宿ののロゴが入ったらまた雰囲気よくなってくれることでしょう!

江戸後期から九代続く伝統ある雰囲気が表現出来るかなぁ!?

石積と土壁と小瓦の最強の組み合わせをお楽しみに!!


          九代目主人 内海貴史


  


Posted by 九代目 at 17:40Comments(0)沢乙の庭 

2019年02月28日

沢乙の庭 造形完成!



沢乙の庭の造形完成しました

写真右側の大きな飛び石の階段上が将来の
沢乙姫の石碑の場所です



手前が沢乙姫の働いていた沢の再現です

沢乙の庭の造形が本日完成したの見て
感動で涙がポロっと…

本当に皆さんのおかげさまです

「感謝」


           九代目主人 内海貴史  


Posted by 九代目 at 18:00Comments(0)沢乙の庭 

2019年02月25日

山紅葉の大王!

ついに沢乙の庭の主木である紅葉(楓)の大王が
沢乙の庭の入口に植栽されました!




この大紅葉は、宮城蔵王の厳しい条件で育った株立の大紅葉です。

厳しい寒さの環境で生きていた木は成長が遅いと言われてます。このサイズの大紅葉になるまで
ゆうに100年は掛かると云われています

大紅葉は、きっと山の主だったような力強いオーラを、放ちます!

あたかも山の神が木に宿っているかのようです



石積み越しの大紅葉もいい感じです
石積みと大紅葉とエントランス周りの紅葉まで繋がりが出来て来ました!



紅葉の大王は、きっと沢乙温泉うちみ旅館を訪れた人々を温かく見守ってくれて、四季折々の表情で
人々をを楽しませてくれることでしょう!!

山紅葉の大王に沢乙の庭に来て頂いて感謝を申し上げます。
          

           九代目主人 内海貴史
  


Posted by 九代目 at 02:51Comments(0)沢乙の庭 

2019年02月13日

情熱の石張り!



エントランスの天然石の乱張りです

情熱をもって造園家の職人方々が魂込めて
天然石を張ってくれております



よっちゃんの庭工房の「石張りの神!」
勝矢さんと寺嶋さんのプロフェッショナル
二人を招いて施工してもらっております



これからはエントランスの石乱張りと山紅葉が
お客様を温かくお迎え入れてくれます

お帰りの際もスタッフと共に楓の庭がお客様を温かくお見送りしてくれると想います!




ライトの行灯との相性もいい感じです!



九代目が25年前に抱いた夢が皆様のおかげで
またひとつ現実になりました!

本当に嬉しいっ!

感激です!!!


          九代目主人 内海貴史





  


Posted by 九代目 at 19:16Comments(0)楓の庭

2019年02月09日

「沢乙の庭」遂に着工❕




おかげさまで本日大安吉日に
大庭建設工事着工いたしました❕



玄関アプローチは、石の総乱張りの予定です!



沢付近のアプローチは自然情景を写した土の洗いだしです!



沢の中も石積みをします


沢乙女姫の働いていた沢を再現しようとしています

庭の名前は、造園家のよっちゃんのアドバイスで
皆が呼びやすく親しみ込めて、シンプルに
「沢乙の庭」に致します!

沢乙温泉の庭だし、沢乙女!(通称 阿久玉姫)の情景を再現した沢の有る庭だしなぁ…

迷ったけど シンプル イズ ベスト!

庭名「沢乙の庭」が最良かなと決定っ!!


いよいよ夢のスタートです

沢乙温泉うちみ旅館のファンの皆様
ご期待くださいませ!!


          九代目主人 内海貴史

  


Posted by 九代目 at 13:26Comments(0)沢乙の庭 

2019年02月04日

自分の名前!



自分の名前!



書道の練習です



楷書と行書と草書の三種類の練習!

たくさんの字を三種類で書くなんて程遠いから

せめて自分の名前だけでも三書体覚えよう~

壁にぶち当たり、なかなか伸び悩む書道ですが
せめて自分の名前だけは綺麗に書きたいなぁ…

あまり欲張らず名前を練習しよっ!

自分の名前を綺麗な字で書けるだけでも

なんだかこんなにも気持ちがいいとは…発見っ!

何事も一歩一歩!欲張らずだなぁ

両親の思い願いのたくさん詰まった自分の名前を
もっと大切に温めていこうっ!!


            九代目主人 内海貴史

  


Posted by 九代目 at 15:25Comments(0)九代目「書」

2019年02月03日

山紅葉の主!



山紅葉が宿に到着しました!




この山紅葉は、森林組合の天然もので組合長さんとの造園家の長い交渉劇が背景にありました!

でも諦めず熱い思いで挑んでくれた造園家の「よっちゃん」が粘りに粘り、情熱もって口説き落とした山紅葉なんです!



幹が株立でそれぞれが捻れるように太く大変力強い風格です!

きっと山紅葉の主だったのではないでしょうか!?

これから沢水流れるエントランスを永年見守ってくれることでしょう




春は眩しいばかりの新緑!

夏は葉を沢山つけて深緑の木陰!

秋は情熱的な真っ赤な紅葉!

冬は葉が落ち枝に積もる雪化粧!



訪れた人々の心を癒してくれることでしょう

四季の情景を彩る山紅葉と滝桜が宿の日本料理に華を添えてくれ、料理を食べる方の心を一段と盛り上げてくれることだと信じています!!

           

          九代目主人 内海貴史
  


Posted by 九代目 at 11:16Comments(0)沢乙の庭 

2019年02月03日

大庭のメイン「山紅葉!」



沢水流れるエントランスのメインの大紅葉です!






雪の積る山から冬眠中に掘り出します

今回の庭も自然の情景を庭に写す為に造園の樹木を使わず厳しい条件で育った天然山紅葉を掘って頂いております!





山紅葉が大きすぎて大型重機も投入!

沢乙温泉メインのモミジ堀ってもらいました。

来週末頃から、現場の作業を始まります!

遂に沢乙温泉うちみ旅館の大庭が
平成31年2月9日大安吉日に着工です!!

工事が待ち遠しいっ

2月に着工が近づく中で土地を譲って頂いたお隣のご先祖様、ご主人に感謝しております。

土地を譲って頂いた方のご先祖様にご挨拶したく仏壇に夫婦で手を合わせ庭工事着工のご報告をいたしました。

きっと代々のご先祖様が大切に守られて来た大切な土地を譲って頂いたのですから…

新たに沢水流れる庭と滝桜の森に、人が集まり人に喜ばれる場所になることをきっと応援してくれると想います


九代目!いよいよ一世一代の大勝負っ!

ご期待ください!


         九代目主人 内海貴史  


Posted by 九代目 at 01:21Comments(0)沢乙の庭