2018年02月27日

最強のスープ‼天然蛤2

お雛様の時期には、必ずや蛤を使った
料理を御用意致します。




『天然蛤と春大根の潮仕立て』

天然蛤に少量の昆布を差して、ミネラル
たっぷりの宿の天然水から蛤スープを取ります。

天然蛤は、一個130㌘の特大の
極上ものを使用致します。
ここまで大きく育つのに8~10年の歳月を
有します。

春大根は、ハマグリスープの持ち味を邪魔しないように、鰹と昆布の出し汁は、使わず、水と酒と昆布とハマグリのスープでコトコト煮含めます!

天盛りは、お雛様らしく、京人参と軸みつぱと
ハマグリとは出会いものの山独活を添えて
最後に木ノ芽をのせて完成です。


お雛様は、女の子の大切な節句でございまして、
将来において、幸せなお嫁さんになることを願いお祭りを致します。

お雛様には、必ずや蛤を使うのは、縁起を担いでおります。

蛤の貝は、貝会わせと言いまして、貝の上と下が
他の貝の殻とは同一なものは、決して存在しないものです。
ですから、女性が一緒になられた男性にしか心を赦さないようにと願いが込められております。

日本料理は、大切な人を想い!人を愛する気持ち、願いが沢山込められた料理です。

世界に誇る日本料理だと確信しております!

『天然蛤のスープ』は、長い年月をかけて日本の風土で育った天然蛤にしか出せない極上のスープだと実感しております。

宿では、このスープに敬意をはらい、
味つけは塩も酒も入れず蛤の持っている
旨みと塩分のみで味を調え『潮仕立て』と
致します。

女性の方は、歳がおいくつになっても
お雛祭りは、嬉しいものだと察します……

これからも天然蛤のお椀に
女性の幸せを願い続けてゆきたいです!


                九代目主人  


Posted by 九代目 at 19:38Comments(0)旬暦(春)

2018年02月14日

エントランス構想‼

さわおと温泉の入り口
『エントランス』を構想しております!
庭工房さんにデザインして
もらってます✨





道路から曲がる所に沢乙温泉の
歴史を感じられるように本物の石垣と
赤土で作った土塀を設け看板とライト
アップをするデザイン!

土塀の前に車が立ち寄れるようにして
沢乙温泉歴史や沢乙女のルーツを説明する看板も
有れば、通りがかりの皆さんにもこの土地の1200年前のロマンに浸っもらえるかなぁと考えております。






デザインの下書き



アプローチのデザインに色付け

写真は、新たな駐車場に車を停め、宿の玄関までの
の道のりを沢水が流れる小川と雑木に囲まれたアプローチにして、既存の『楓の庭』に繋がるエントランス構想とデザインです!

エントランスは、スタッフと共にお客様を
お迎えして、お見送りする大切な役目と考えております。



沢乙温泉は、1200年前に宿周辺の沢で働いていた娘が古の大和朝廷の将軍に見初められて、御姫様が生まれました!その姫を後世に敬う為に村人は、この土地に『沢乙女』(さわおとめ)という名をつけました。

だからこそ、新たな大庭とアプローチの中に
宿上流の沢水を流して小川を造り、沢乙女の
お姫様のイメージ!この土地に温泉が守られて
来たルーツなどを訪れた方に体感して
もらいたいと考えます。

でも宿にとって直接に売上にならない
ところに高額投資すること!

正直、非常に悩みます…

温泉の湯守として…
宿の主人として…
会社の社長として…

守りに入るか勝負にでるか!?

これから先の孫の代!

二代先のこと考えると
沢乙温泉うちみ旅館に沢水が流れる大庭を
造ることは、大きな財産になるのでは!?



後世に遺したいなぁ~と非常に強く
思います✴

             九代目主人
  


2018年02月06日

大人の味わい白魚‼

立春が過ぎると、いよいよ春の食材が
顔を出し始めます。

2月始めから近海の白魚漁が始まります!



『七ヶ浜産白魚と新若布 うずらの黄身添え』
(器 九谷の名工 山本長佐 宮内庁御用達)

白魚と新若布は、『出会いもの』です!

日本料理の世界では、出会いものとは、旬の食材同士を合わせた時にお互い持ち味を、引き立てあう最良の組み合わせを言います!

白魚と新若布の相性を損なわないように、自家製の熟成ぽん酢で召し上がって頂きます。
ぽん酢は、柑橘の絞り汁と命の一番出しと醤油を
合わせて、数ヵ月寝かせてまろやかな味わいにします。

宿では、熟成ぽん酢にウズラの卵の黄身を添えて食べてもらいます。




食べ方は、最初、白魚と新若布をぽん酢のみを付けて食べてもらい、次にウズラの黄身をかき混ぜて白魚にどば~~とかけてもらい一気に口に流し込む……

白魚のほろ苦さは、春先の絞りたての若々しい日本酒と合わせたら至福の世界が、広がるのでないでしょうか!

ウズラの黄身は、繊細な味わいを損ねなく料理に優しくコクをつけてくれる優れものです。

白魚と新若布をまた一段と美味しくさせてくれるます。

白魚は、人生のいろいろな苦い経験を重ねてこそ、分かる味わいかなぁ?

ほろ苦い大人の味わいのような気がします(笑)

              九代目主人
  


Posted by 九代目 at 15:35Comments(0)出合いもの

2018年02月03日

冬の絶品『白子豆腐‼』

宿における冬の椀盛を紹介します。



白子の種類は、鱈の白子、虎ふぐ、真鯛と
いろいろですが、やはり三陸の真冬に水揚げされる真鱈の極上白子で作ります。

白子を洗った後に塩味のきいた湯で茹でます。
以外と火が通らないなでコトコトと10分ぐらいしっかりと茹でて火を通したあと、丘上げして裏漉しにかけます。
すり鉢に木綿豆腐の裏漉しを入れつなぎの卵白を入れしっかりと摺ります。
この重石をかった木綿豆腐が、白子との相性が非常に良く、白子特有の濃厚な味を、上品にクリーミーにしてくれます!

次に白子の裏漉しを入れて、またまたしっかりと摺り、次につなぎの大和芋のすりおろしを入れて擦り合わせ、薄口醤油で味を整えて、流し缶にいれて優しく蒸します。




『白子豆腐 薄葛仕立て』


椀妻は、小ネギをお出汁で煮含めたものと
京人参を線にして、お出汁で煮含めたもの。

吸い地は、天然昆布と枕崎産本枯鰹節で、引いた
香り高い一番出汁を本葛で止めた薄葛仕立て。とても温かく滑らかで体も心も温めてくれます。

吸い口は、椀に白子豆腐と妻とお出汁を張ってからスプーンで2、3滴いれる生姜の搾り汁。

この露生姜が、お椀の味わいをぐっと引き立て
しみじみとした深い奥のある味わいにしてくれます。

白子は、別名『雲子』とも呼び、見た目が雲のような格好しているので、女性に嫌われる場合が、多いのですが、裏漉しして豆腐と合わせることで、見た目も味わいも良くなり、とても人気があります。

料理の景色も、味のうち!!

白子豆腐に里山の人参と小ネギをあしらって
最後に味の決めて『露生姜』!

里山のうちみ旅館の景色に似合った椀盛だと……


日本料理の真髄として、宿でも、後世に
大切にしっかりと伝えていきたい料理です。


              九代目主人

  


Posted by 九代目 at 15:48Comments(0)旬暦(冬)

2018年01月21日

宿の二人の料理人‼

沢乙温泉うちみ旅館の料理人は、二人です。

九代目主人の私と若女将で妻でもあるりえこさんです。



二人の出逢いは、調理師専門学校夜間部の同級生で
共に勉強した仲間が、ご縁です。
卒業後は、私は日本料理に……りえこさんは、和菓子屋さんに入りました。

ですから、宿の主人と若女将は、共に料理人というわけであります。
だから、二人とも気が強く、ぶつかることも度々…(笑)

二人のご縁は、お互いに食べること『食』を通して
人に喜んでもらいたい、食を通して人の心を温めてゆきたいという共通の夢があります。

でも現実、二人は、良きも悪きも朝から晩まで一緒に過ごす時間が長い!
ですから、正直言うと喧嘩もいっぱいあります!
お客様には、決して見せませんが…

月に2回の定休日には、妻は私から離れて過ごしたいと熱望しているようです…(笑)

お客様の朝食の準備から始まり、子供を学校に送り出し、料理を1つひとつ手間隙かけて仕込みをして
、休憩時間には、今後の宿の方針、子育てのことなど話して、それからお客様の夕食の準備、後片付け…次の日の仕入れの確認などと……

きっと、普通の夫婦の10倍以上の時間を共に過ごしているのではないでしょうか!?


でも、お互いに夢を抱き力を合わせて、頑張ってゆけば、きっと普通の夫婦では、味わうことのことのない幸せを将来において感じることが出来るのではないかと…自分に言い聞かせています。

宿の料理は、主人と若女将が自ら料理人として
腕をふるい、旬の食材を吟味して、手間隙かけて、真心込めてご用意いたします。

料理を提供する際にも、女将も料理人なので
旬の食材や料理の手間隙のかけ方など、料理の話を楽しく詳しく出来ると感じております。

お客様も、料理を食べる時に料理人のお話を聞きながら召し上がるのも、愉しく美味しい贅沢な時間ではないでしょうか!


夫婦である二人の料理人が、お互いの感性をぶつけ合い宿の料理をとことん探求し追求し作り上げる料理の世界観!
その可能性を自分自身が、強く信じて突き進みたいと思っております。

宿の主人と女将が共に料理人!

きっと、オンリーワンの世界があると想います。

オンリーワンの宿を夢見て……


             九代目主人










  


2018年01月13日

見上げこけしに想う❗



客室のしつらえの『見上げこけし』です。
伝統工芸鳴子こけしです。

作者 柿澤真理子(鳴子柿澤こけし店)



どんなときでも、上を向いて歩こう
という気持ちが、込められた『みあげこけし』です。


宿に泊まるお客様というのは、お元気な方もいれば、いろいろな悩みや辛い経験をされている方
など、いろいろな境遇の方が、いらしゃいます。

大切な人を亡くされた方や、
大好き仕事をなくされた方など!
いろいろな境遇の方が、宿を
訪れます。

だからこそ、お客様に少しでも心を開いてもらえるように…
お客さんの心を少しでも温められることが
出来るように、日々、一生懸命に努力して
技術的にも精神的にも精進しなくては、
ならないと思います。

『日々精進!』

私自身も、心が折れそうな時には、
『見上げこけし』を見て勇気を
もらおうかなぁ~と…

それにしても、見上げこけしに込められた熱い思い!
作者の想い入れが素晴らしいと感銘を致します。

伝統的な手仕事の中に、芽生える感性、アイデア!
それは、きっと『人間味』のような気がします。

工芸品、美術、料理、きっと何事も、人の心を揺さぶることが出来るのは、『熱い思い』を持ち続け、『人間味』『人間力』『人間性』の向上が、最も大切のような気がします。

技術は、きっと後から付いてくる!!


心から信じたい!

               九代目主人








  


Posted by 九代目 at 10:34Comments(0)しつらえ

2018年01月02日

黒豆への願い‼



明けましておめでとうございます。

皆様、お元気なことだと想います。

平成の時代が終わり新しい時代が始まる記念すべき年に、今までの私の人生を通して感謝の気持ち心を込めて、暮れから1週間かけて黒豆を炊かせてもらっております。

黒豆は、昔から黒い色が邪気を払い、真っ黒に日焼けするまで健康で元気に豆に働けるようにと願いが込められております。

おせちやお正月の御料理に欠かせない黒豆密煮を
紹介させてもらいます。



丹波黒豆の飛び切り極上のものを水で洗い、
一晩水に浸します。


豆をふっくらと大きく戻せるように1日2時間つづ5日間コトコト優しい火加減で柔らかく戻します。



2日目の状態!
焦って柔らかく豆を戻そうとすると皮に
負担が、かかり皮が壊れてしまうのです。

5日目の状態!
皮が壊れないでギリギリの状態です。
戻しが完了です!!



水にさらした後壊れたものを手で選別します。



豆が固くならないように2日間で砂糖を8回に分け入れて炊いた京都に伝わる伝統的な手仕事です。

黒豆1キロに対して、砂糖が900㌘~1000㌘位!

大切に守っていきたい日本料理の伝統的な技術と心意気です!



何事も一歩一歩!
料理は、『愛情』だと思います。
不思議と大切な人を想って料理すると優しい味わいになるようです!

何事も『愛』ではないでしょうか!
継続するのが中々難しいのですが…

昨年も、力不足で、周りの方々に、たくさん御迷惑をおかけしました。すみません。
周りの人達に支えてもらったおかげで、とっても幸せな人生です。

お世話になっている方へ御健康と御幸せを願い、黒豆に心を込めさせてもらいました。

新しい時代に、健康で元気に過ごせますように……
笑顔がいっぱいで幸せな時代になりますように……

皆様には、いつも温かく見守っていただき、ありがとうございます。

今年度も、皆様のご愛顧賜りますようお願い申し上げます。


       九代目主人    内海貴史

追伸
今年の5月から、新しい年号に変わると想ってましたが、来年の1月元旦から新しい年号!新しい時代を迎えるそうです……
またまた、私は、勝手に勘違いしていたようです(笑)
慌てん坊さんでした…すみません。
こんな感じですが、今年も、どうぞ宜しく
お願いします。

  




  


Posted by 九代目 at 18:13Comments(0)料理心得

2017年12月31日

平成の晩年‼



今年も、あっという間に年の瀬です!

写真の書は、私のものです。

年の瀬に今年の気持ちを書に込めてみました!

1年間、嬉しいこと幸せなこと大変なこと辛いこと……いろいろなことがありました。

1年を振り返ると、仕事、家族、子育て、生きるとは…どんなときでも、人との関わりがありました!

悩んだときも、辛いときも人との関わりが救ってくれて希望の光を与えてくれました。

時には、お互いの思いが上手く伝わらなく疎遠になったり……人との関わりが難しいと想うと臆病になったりと消極的なってしまいます。

自分では、人を大切に想っているつもりが、伝わらなくて…
熱い思いを伝え過ぎて、かえって伝わらなくなる…
自分の思いが、正しいと自惚れてしまい、相手にとって押し付けがましくなる……

人との関わりは、難しいけれども、人と関わっていればこそ、幸せな思いも味わえる!

人の関わりの中で、素晴らしい人との出逢い、沢山の大切なことを教えて頂きました。

素晴らしい出逢いがあるのも、人が人を引き寄せてくれるから!
より良い人間関係を持てるのも、自分自身が人に対して『誠実』でなければならないということを……


愛情、友情、絆、思いやり、人情、尊敬、人を大好き、謙虚、誠実、感謝など大切な気持ちに少しだけ気づかされ学ばせてもらったような1年でした。『かけがえのない1年』でありました!


将来、私の人生の最後には、必ずやこの一年の幸せを思いだし、幸せを噛み締めていると想います。

最高に幸せな1年でした!

私は、人生などと、たいそれたことを述べる立派な人間ではないのでが…
人を大切に想い、『人と共に生きる』ことで周りのお客様、先生方、友人、知人の方々から沢山の大切なことを教えて頂きました。

愛情、友情、絆、思いやり、人情、謙虚、誠実、人を好きになること、尊敬、感謝など、それがすべて含めて『愛』だと感じます。


人との関わりの中で『感謝』と『謙虚』が心を成長させてくれることも!

『人との関わり』が、人生を幸せにしてくれるような気がします。

人との関わりの中で、『愛』と『絆』が人の心を温めて支えてくれ、心豊かにしてくれるような気がします。


時代が終わろうとしている平成の晩年、お仕事、子育て、人間関係を通してたくさんの幸せを頂きました。

皆さんに、大変な御迷惑おかけしてきたと思います。すみません。

人との関わりに心から『感謝』致します。

いろいろあっても、人と関わり、
『人と共に生きる』からこそ、

人生は、美しい!
人生は、素晴らしい!


どうか良いお年をお迎えください。



九代目主人  内海貴史


  


Posted by 九代目 at 23:25Comments(0)一期一会

2017年12月30日

南東北インターハイ❗

南東北インターハイのブログの記事のアップを
忘れておりました!

年の瀬にギリギリセーフ…(笑)




今年は、山形、宮城、福島の3県で開催さます。

利府町のグランディ21では、女子バレーボールの
種目が開催されます。

沢乙温泉には、名門古川学園女子バレーボール部が
お泊まりになります。

古川学園さんとは、本当に長い30来のお付き合いをさせてもらっております。
宿は、古川女子商業時代から名将国分監督に信頼され、ありがたく常宿にして頂いております。


現在は、国分イズムを立派に継承されて、更なる
境地で岡崎監督が、子供たちに深い愛情をかけて
おられてしっかりと名門古川学園を支えておられます。

先生は、どんな状況でも子供たちのことを想う愛情が大きく、こちらにもそれがひしひしと伝わり宿としても自然と心から応援したくなるのです。

長いお付き合いのなかで、古川学園さんの子供たちに対しての愛情溢れる教育方針を感じとることが出来ております。

大会や合宿中は、挨拶や生活の規律がしっかりしていて、バレーボールで疲れているにも関わらず、生徒さんたちは、夜に仲間同士で協力して必ずや部屋やロビーで勉強もしっかりしている姿は、凄いと感銘致します。

名門チームは、スポーツの技術だけでなく生活面も
素晴らしく、人間性を教育して磨いているからこそ、長い間、名門チームを守られておられると感じます。

名門が故に監督さんのプレッシャーや御苦労は、
計り知れない重圧だと察します。

沢乙温泉としても、長いお付き合いや普段からの頑張りや伝統を目の当たりしているから、古川学園さんにはファミリーような親近感が湧いて心から活躍を願い応援したくなるのです。

私は、今回のインターハイが地元開催なので、
子供たちは、プレッシャーを感じているのかなぁ~と察して、生徒さんに質問してみました。

ある生徒さんは、
『プレッシャーよりも、楽しみたいです!』
『いや、楽しみます!』と
ハッキリと答えるのです。

なんと、しっかりした精神力でしょうか…

普段からの厳しい練習で、心と体を鍛えて
いるからだなぁ~と感じます…
先生方の御指導の成果のたまものだと思います。


古川学園の子供たちのような強い精神力を持った人が、将来社会で活躍して、社会に必要とされ、人に喜ばれる人材になって羽ばたいてゆくのだろうなぁ~と想います…


地元開催のインターハイだから、いつもお世話になってる先生方や御家族が応援されるはずです。
普段から支え合っているお友達が心から応援されると思います。

古川学園バレーボール部の皆さん!
先生方や御家族の『愛情』と友達の『友情』を
大いに感じて、自分たちの力に変えて、
活躍してほしいです。

宿としても、心から古川学園女子バレーボール部の
健闘を心からお祈りしています!

『がんばれー古川学園!』


九代目主人



  


Posted by 九代目 at 22:20Comments(0)さわおと温泉物語

2017年12月28日

『梅月紋金地香枦‼』



この度、九谷焼の香炉を御用意させていただきました。
香炉の梅のピンクと袱さの色合いの組み合わせが
自分では、とても相性が良いと気に入っております!



九谷焼『梅月紋金地香枦』 
作者  藤村正美

九谷焼の名工作です!

九谷焼は、日本の上絵磁器の源流をなすもので
構図の自由奔放、彩釉薬の重厚さは、陶芸世界でも
並びなきものです!

今回の作品も焼きが三回施されております。
1回目下地を焼き。2回目に金地施してまた窯に入れ焼き!3回目にいろいろな彩釉薬で色付けして窯に入れ仕上げます。
九谷焼は、この手間こそが、油絵のような奥行きが
生まれ重厚な作品となるのです。

今回、いつもお世話になっている器屋さんで代々大切になされておりましたものを譲って頂きました。

とても高価なお買い物でしたが、作者の思いと今まで大切にされていたお店の想いを受け継いで、宿でも大切に温めていきたいと願います!





この香炉に、お正月、結納、お食い初め、結婚記念日、年祝いなどの大切な記念日に訪れたお客様の心を温める役目を期待しております……


九代目主人  


Posted by 九代目 at 21:47Comments(0)しつらえ