2019年05月21日

石碑への思い‼️



奈良から平安に変わる時代、沢乙温泉周辺で久門長者に支えていた娘が多賀城政庁に赴任していた大将軍坂ノ上田村麻呂公に見初められて姫が誕生しました。沢で働いていたその娘を敬いこの土地一帯を「沢乙女」(さわおとめ)と呼ぶようになりました。
数々の伝説を残す利府に伝わる「阿久玉姫」と同一人物でございます。
姫は将軍の子を授かり村人と心を一心にして「千熊丸」という子供にみんなで深い愛情を注ぎ、立派に京の都に送り出しました。彼は二代目田村麿呂となりその後世のため人のためにご尽力されたと云われております。

「大切に愛されて育った子供は、人を大切に愛することができる」子育ての原点を沢乙女の生き方から感じとることが出来ると思われます。

古の利府に実在したと云われる沢乙女(阿久玉姫)から子育て子宝の精神の大切さを感じ取ることが出来ると思います。


石材屋さんのデッサン!

石碑には姫やその当時の人々の心に寄り添った和歌を彫ります。
姫の生きた時代と同じ時期に日本人の心を詩にした最古の和歌集「万葉集」から沢乙姫の石碑の俳句を出典いたしました。

万葉集803・・・山上憶良
「銀も金も玉も何せむに優れる宝子にしかめやも」
~どんなに美しい金銀珠の財宝でさえも、何よりも優れた宝である子に及ぶものはない~子は何よりも優れた宝である...
と詠った詩です!



石碑には宮城県蔵王本油石を使用します。

宮内庁御用達で石碑に最適な最高級の石です。

本油石は100年200年経っても石の艶が消えないと言われるものなので彫刻した字が消えないとされている。



1200年前からずーと子供は世の宝!沢乙女が村人と共に深い愛情をそそいで子育てする大切さ!

「人に大切に愛された子供は人を大切に愛することができる」

ふるさとの地で沢乙女の子育ての精神を石碑から感じ取ってもらいたいのです。

後世にわたり沢乙女の石碑を訪れた人々に子育ての大切さとふるさとの史実を大切に感じて欲しいとねがいます。

「子供を愛する大切さ!」

「子宝に及ぶものはない!」


「子供は世の宝です!」

沢乙女の精神を億良の
和歌に託しております!


          九代目当主 内海貴史
  


2019年04月11日

客室名リニューアル!



沢乙の庭を記念して新館二階客室の名前をリニューアルします!

それぞれの部屋から見える情景にちなんだ新館七室客室名を考案しています。

各客室名



「明神」みょうじん
明神の沢を眺められる客室



「青竹」あおたけ
湯神様を囲む竹林が見える客室



「山桜」やまざくら
加茂様神社の鳥居側に立つ樹齢300年の山桜が
見える客室



「山茶花」さざんか
露天岩風呂を囲む山茶花を見渡せる客室



「沢音」さわおと
沢乙の庭に流れる沢水の音を楽しめる客室



「山紅葉」やまもみじ
エントランスの100本の天然紅葉を見渡せる客室



「滝桜」たきざくら
国の天然記念物三春滝桜の直系の子供たち滝桜を見渡せる客室



常連のお客様は再来館をお楽しみしてください!

各部屋の情景がお客様の心を癒し、大切な旅の思い出になること心から願います!


            九代目当主 内海貴史  


2018年11月14日

紅葉狩り



写真は、何処の景色でしょうか?



なんと宿近くの県民の森で紅葉狩りっ!



紅葉真っ盛りでしたぁ~



ハウチワ楓などの落葉樹は、もう早くも落葉してます。遊歩道は、紅葉のカーペット状態です!?



紅葉の葉は、落ち葉になっても儚い…
紅葉の落ち葉は、見る人の心を和ませてくれる健気さをも感じます!



株立ちの雑木林も颯爽として良いものです!

もうすっかり冬支度です

春に目一杯、まぶしいくらいの若葉を咲かせる
ために、しばらく落葉樹は冬眠に入り体を休めます




雑木林の中を歩くとホント心が癒されます



山紅葉って、真下から見る景色が一番綺麗に見えるような気がします



宿の紅葉も紅葉真っ盛り!


もう2ヶ月に迫る宿のエントランス工事(沢水流れる山紅葉の庭)に不安を抱える毎日ですが、紅葉狩りをして確信しました!



落葉した紅葉のジュータンのようです!

やっぱり紅葉って、人の心を温めてくれて
癒やしてくれます!!


            九代目主人 内海貴史



  


2018年08月30日

新たな時代の幕開けに…

来年、新しい年号がはじまる時代の幕開けに…

沢乙温泉うちみ旅館でも来年、いよいよ
「沢水が流れる山紅葉たっぷりのエントランス」と宿泊者専用ラウンジ「山帰来!」が出来る予定です。

一歩一歩、夢に近づきます





新しいエントランスは、沢水が流れる山紅葉がたっぷりの雑木の庭なんです!




ラウンジの名前候補!
宿泊者ラウンジ「山帰来」(さんきらい)。
低木の落葉樹です。
花言葉は、元気!不屈の精神!ラウンジで元気になれるように願いを込めてっ



植物の名前の由来は、深い山に迷って体力が落ちた時にこの植物の根をかじると体力が回復して元気が出て山から無事に帰って来れたことから「山帰来」と名がついたとされてます。

新たな宿では、真心を込めた日本料理の他に、自然と沢乙女の歴史を感じるエントランスと元気をもらえるラウンジで、お客様の心と身体を癒やすことが出来ることを目指しております。



               九代目主人




  


2018年07月30日

子育ての象徴「阿久玉姫!」

沢乙温泉では、ふるさとに実在した姫である古の「阿久玉姫物語」(沢乙女物語)の情景に似合うように、沢水が流れる大庭エントランス建設とふるさとや温泉に代々伝わる沢乙女の歴史を後世にお伝えするために「阿久玉姫の石碑」の建設の構想を計画しております。






温泉に入る門からの広大な敷地に計画中!




阿久玉姫の石碑は、大和朝廷の時代!蝦夷との戦いで、多賀城に駐屯していた将軍二代目田村麻呂(坂ノ上苅田麻呂)に見初められ子を授かり立派に子育てなされた御姫様にあやかり、子育ての象徴としてふるさとで敬いたいと願います。沢乙温泉の前の沢で芹摘みなどしていた古のふるさと利府に実在した一人の女性の物語りです。

人との繋がりが稀薄になりつつある今だからこそ、人との繋がりを大切にされて子育てされた姫の子育ての精神を後世にお伝えしたいのです。

ふるさとで阿久玉姫の石碑の見守る中で、この地を訪れた方々が、地域で人が繋がる大切さ尊さと子育てをとても大切にされた姫の生きざまを通して感じてもらいたいと願います。

古の時代に阿久玉姫は、多賀城政庁に坂上田村麻呂公の子(千熊丸)をお産みになりました。郷では将軍の子の誕生を大変喜びお祝いされたと伝わります。
姫は、千熊丸に郷人と共に深い愛情を一心に注ぎながら、人を大切に愛することが出来る人に千熊丸を育てあげたと伝わっております。その子である千熊丸(三代目田村麻呂)は、将来、京の都に旅立ち、民のため、世のために尽力なされたと伝わっております。

千熊丸は、幼少期に、母親と郷人など沢山の人達から大切に愛されながら育ったからこそ、将来、人を大切に愛することが出来たのだと察することが出来ます。

だからこそ、将来において千熊丸は、貴族である三代目田村麻呂となり、高い志を抱き、世のため人のために尽力されたと思います。

千熊丸の父親である二代目田村麻呂は、蝦夷との戦いが終わった後で、大和と東北の人々に遺恨が残らぬよう蝦夷の将であるアテルイとモレを京の都に引き連れて、帝(天皇)に助命を嘆願しました。

そんな父親の生きざまや精神もまた、息子の千熊丸に人を愛する大切さを示してくれたのだと察します。


宿周辺(現在の沢乙地区)で、姫を敬う意味で古の郷人は、地名に沢乙女(さわおとめ)と云う名を付けて敬いました。
沢乙温泉の名もまた。沢乙女(さわおとめ)の名に由来し、引き継いでおります。

郷人にに伝わる話によると、千熊丸を育てた阿久玉姫は、地域の人達と共に人を大切に愛することのを重んじながら子供に深い愛情を注いで子育てされたと伝わります。
それは、当時の三大山寺(現七北田洞雲寺)まで、毎日、姫が千熊丸の手を引いて青麻の坂を登り、天に向かい息子の健やかな成長を願いました。その坂を「天拝坂」と呼びます。姫は、山寺で世のため人のためになるように学問や教養を学ばせたと伝わります。千熊丸が学んでいる時も、姫は寺の側の岩谷観音堂で手を合わせ、ひたすらに子供の健やかな成長を願い続けたと伝わっております。

利府菅谷に残る「子安観音」も姫と郷人とが千熊丸の健やかな成長を願い祀られたと伝わります。

阿久玉姫は、ふるさとに残る言い伝えや今もなお祀られている場所からも、御姫は、疑いもなく子供に無償の深い愛情を注いだと考えられます。

阿久玉姫の生き方に心を馳せると子育ての原点「人に大切に愛され育った子供は、必ずや人を大切に愛することが出来る」子育ての大切さを強く感じることが出来ると思います!

地域で、子育ての原点の大切さを後世にお伝えする意味合いでも、子育ての象徴として阿久玉姫の存在、精神を、ふるさとの人々と共に敬いながら後世にお伝えすることで、町の人々や利府を訪れた方々に「共生しながら子育てする大切さ」を感じてもらえたら幸いです。

利府町が子育てを大切にされている町だからこそ、ふるさとに実在した古の歴史的人物である阿久玉姫の子育ての精神が子育ての見本になってくれるように感じます。

阿久玉姫の生きざま、精神が、町の子育ての象徴になってくれると感じます。

ふるさとで、人を大切に愛することが出来る人材が育ってゆくことが、町の立派な財産になるはず!

ふるさとを愛することが出来る人材こそが、町の宝になるはず!

町の子供達が、人を大切に愛することが出来る大人に育ってもらえるなら、それこそが町の明るい希望ある未来に繋がるような気がします!!

そんな意味でも、利府の人達と行政の方々と共に阿久玉姫の精神を町の人達と敬いながら大切に温めてゆきたいのです。

大人も子供も、地域の中で多くの人に理解され愛されながら成長する大切さと社会と共に生きる「共生」の大切さを感じてもらえたら本望です。

阿久玉姫の石碑と精神は、子育てされている多くの方の心が強く揺さぶられことを期待します!!






「熱い思いは、人の心を揺さぶります!」


九代目の私は、「志」を大切にして、お客様の幸せは、もちろん、ふるさとのことも未来の子供達の幸せを願いたいのです。

志を代々の湯守が、信念として脈々と抱くことが出来るなら、沢乙温泉うちみ旅館も、いつの日か、訪れた人々の心を温めることが出来、人に幸せを感じもらえるような場所になれるかもしれません…



        沢乙温泉うちみ旅館
           九代目主人 内海貴史
  


2018年06月07日

水田の鷺(さぎ)!



宿周辺の水田は、明神沢、女ヶ沢、青麻沢からなる三つの沢水が流れ込む清らかな水田です。

とても清らかな水で稲が育っています!

水が栄養素が豊富なミネラルたっぷりの清らかなお水で米が育つからこそ、美味しいお米が育ちます。


良く観ると田んぼのなかに綺麗な鷺が餌を食べているようです。

写真おさめることは、出来なかったのですが
鷺が羽を広げて飛び立つ姿は、なんだか幻想的で、とても優美な感じがしました。
毛並みが遠くからでもツヤツヤで耀いていました!

きっと、清らかな水が流れる水田に生息している美味しい小魚やカエルなどを食べているから健康的で、美しい姿なのかなぁと想像してしまいます!

田園風景は、前世からの記憶や人のDNAまでもが覚えているかように…とても懐かしく想え、心が洗われるような気分になります。

私だけが抱く想いなのでしょうか!

日本の田園風景は、心をホッと和ませてくれて
心が落ち着きます。


                九代目主人
  


2018年06月05日

女神が宿る『沢乙女神社』‼

将来、宿で沢乙女神社を作りたいと考案しております。
場所が、沢乙温泉の新エントラス構想(沢水が流れる大庭)の中です。




入り口の土壁と沢水が流れる小川の間位に神社を宿で祀る構想をしております。

1,000年前にこの土地で誕生した沢乙女と言う御姫さまに敬意を表して、この地と民を見守る女神、湯上様として代々の湯守がお祀りしてゆけたらなぁと考えてます。
将軍の子を天から授かり、立派に深い愛情を注ぎ、この里山で子育て、後に都で活躍する立派な人格者に育てあげた母親に敬意を払いたい…子宝の神様!子育ての神様!として代々の湯守が敬意を表しお祀り出来るなら素晴らしいことではないかと感じるようになりました。

自身の夢なのか?天命なのか!?
本当に自分でも、よくわかりません…
でも感じることは、見えないものが
私に力を貸してくれているようです。

きっと温泉に関わった先人たちの魂!
熱い思いなのでしょう…





大庭工事の予算の総工費は、
1,500万円にする予定です。
(神社建設費は除く)





(沢水が流れる大庭の平面図)


沢乙女神社の予定地!


宿の客室から眺めた大庭建設予定地!

来春に1月着工予定です。

宿として、貸切り風呂付き客室などの方向性なども検討しておりました…その方が経営が安定すると考え、かなり迷みましたが…みんなで相談して長期的にみても宿が守られてきた歴史を大切に温めることにしました。


沢乙温泉が1,000後もこの土地で人の心を温めて救ってもらいたいと願います!

この村で生まれた姫が、村人一丸となって一人の子供に愛情を注いだ史実。

姫は、隣り町の当時の日本三大立山(泉区どう雲寺)に利府から毎日手を引いてお寺に連れて行き道徳、勉学を学ばせていました。息子が勉学しているときも、お寺に隣接する岩谷観音像に毎日手を合わせ、将来、この子が世のため人のためになることを祈りました。

私は、障害を抱える息子の子育てを通して、
『人は、大切に愛されて育つから、人を大切に愛することが出来る!』ことを学ばさせて頂きました。

きっと沢乙女の女神も同じ信念だと察します。
だからこそ、人に御伝えしたいと思います。

沢乙温泉の沢乙女神社を訪れた人が、『人は、大切に愛されて育つこと…』の重要性を感じ、古の姫の心に触れた時に心が救われる方が少しでも現れることを願います!

このような思いが代々と次の世代の湯守に引き継いでゆけたら、湯守の支える精神になってくれるかも知れない。
もしかしたら1,000年後も沢乙温泉が人びとの心をを温めてくれるかも知れません…

話が長くなりましたが、また、『人智を越えた力』が私を動かしてくれているような気がします。

1,000年後の沢乙温泉の存在を心から祈ります。

1,000年後も、人の心を温めることが出来る温泉に…

未来の湯守たちの心を支える精神を遺したくて…

そんな熱い思いが溢れます。


                九代目主人  


2018年02月28日

うちみ旅館の魅力‼

沢乙温泉うちみ旅館を、こよなく愛してくださる
お客様から送って頂いたメールをご紹介させてもらいます。
(ブログでの使用は、御了解を頂いております)




以下がお便りの内容でございます。



うちみ旅館の魅力は
どこの宿も真似ができない
一般的にマイナスと思えること
例えば旅館なのに
玄関にはいろんな靴がずらり
え?立ち寄り湯だったんだ
フロントに誰もいない
すみませーんと呼ぶと
女将がどこからか飛び出してくる
いらっしゃーい❤️お待ちしてました!包み込むような
笑顔と声に一発で魅了され
そこからうちみ旅館のファンになる素が芽を出し始める。

部屋にトイレはありません。
清潔なトイレが部屋の外にあります
お風呂は立ち寄り湯のお客様のタイミングを見て入ってくださいね
ちょっとすいたようなので思いきって一回目のお風呂。
世間話に花が咲くお客さんたちの隙間をぬって遠慮がちに湯につかる。
なぜか地方の共同湯に入れてもらっている気分に似ている。
もう、ここにはずっと前からできあがっている世界があるのだ。
それが不思議に不快ではない。
心がほぐれてくる。

待ちに待った料理。
一寸の弛みも許さぬほど精根こめたことが余計な飾りを排した盛り付けにあらわれている。
ほんとうに美味しいものは美味しい❗としか表現できない
美味しいと何回言ってしまうのだろう。
大将に伝えます!。控えめに笑う若女将の笑顔にまた魅了される
なんてストレートな素敵な笑顔ができるひとなんだろ。
料理の合間をぬって大将がご挨拶に。
うわあ!まろやかな出汁のようなかた❕
すでにうちみ旅館のファンに。
心もお腹も幸せな気分で満腹になり
部屋にひきあげる。
ひと休みして二回目の湯につかる。

今度は誰もいない湯ぶね
さっきとはまったく別の趣。
静かにいにしえからの湯を楽しむ。

家族の顔が全面に見える宿。
家族がみんなでがんばって
どのお客さんも大事にしていることがわかる宿。
愛があふれている宿。
限られた少人数だけが最高の料理をいただける宿。

これって他の宿にある?ないでしょ。

         神奈川県  E.I 様より






以上が、お客様から頂いた
『うちみ旅館の魅力!』と題したお便りです!

愛情たっぷりの心温まる内容です(涙)

お店というとのは、やはりお客様が応援して
くれてお店のコンセプトに共感してもらえるからこそ、成り立つものだと実感させてもらえます。

お客様に喜んでもらい、御満足頂いているのか?
常に不安なものですから……

いろいろあっても、前を向いて誠実に頑張っていれば、きっと誰かが共感してくれるのだなぁと実感させてもらえた心温まるお便りでした。

宿を大切にしてくださる方や私達を応援
してくれて、温かく見守ってくれる人達の
愛情が、私達に無限大の頑張るパワーと勇気を
与えてくれています!

人って大切に愛情を注いでもらえると
自分のためにだけじゃなく、相手の想いに対しても
『頑張るぞっ!』と力が涌き出る気がします。

『愛と絆』こそが、強く生きる原動力に
なるのでは、ないでしょうか!

心から感謝いたします。


             九代目主人












  


2018年02月14日

エントランス構想‼

さわおと温泉の入り口
『エントランス』を構想しております!
庭工房さんにデザインして
もらってます✨





道路から曲がる所に沢乙温泉の
歴史を感じられるように本物の石垣と
赤土で作った土塀を設け看板とライト
アップをするデザイン!

土塀の前に車が立ち寄れるようにして
沢乙温泉歴史や沢乙女のルーツを説明する看板も
有れば、通りがかりの皆さんにもこの土地の1200年前のロマンに浸っもらえるかなぁと考えております。






デザインの下書き



アプローチのデザインに色付け

写真は、新たな駐車場に車を停め、宿の玄関までの
の道のりを沢水が流れる小川と雑木に囲まれたアプローチにして、既存の『楓の庭』に繋がるエントランス構想とデザインです!

エントランスは、スタッフと共にお客様を
お迎えして、お見送りする大切な役目と考えております。



沢乙温泉は、1200年前に宿周辺の沢で働いていた娘が古の大和朝廷の将軍に見初められて、御姫様が生まれました!その姫を後世に敬う為に村人は、この土地に『沢乙女』(さわおとめ)という名をつけました。

だからこそ、新たな大庭とアプローチの中に
宿上流の沢水を流して小川を造り、沢乙女の
お姫様のイメージ!この土地に温泉が守られて
来たルーツなどを訪れた方に体感して
もらいたいと考えます。

でも宿にとって直接に売上にならない
ところに高額投資すること!

正直、非常に悩みます…

温泉の湯守として…
宿の主人として…
会社の社長として…

守りに入るか勝負にでるか!?

これから先の孫の代!

二代先のこと考えると
沢乙温泉うちみ旅館に沢水が流れる大庭を
造ることは、大きな財産になるのでは!?



後世に遺したいなぁ~と非常に強く
思います✴

             九代目主人
  


2018年01月21日

宿の二人の料理人‼

沢乙温泉うちみ旅館の料理人は、二人です。

九代目主人の私と若女将で妻でもあるりえこさんです。



二人の出逢いは、調理師専門学校夜間部の同級生で
共に勉強した仲間が、ご縁です。
卒業後は、私は日本料理に……りえこさんは、和菓子屋さんに入りました。

ですから、宿の主人と若女将は、共に料理人というわけであります。
だから、二人とも気が強く、ぶつかることも度々…(笑)

二人のご縁は、お互いに食べること『食』を通して
人に喜んでもらいたい、食を通して人の心を温めてゆきたいという共通の夢があります。

でも現実、二人は、良きも悪きも朝から晩まで一緒に過ごす時間が長い!
ですから、正直言うと喧嘩もいっぱいあります!
お客様には、決して見せませんが…

月に2回の定休日には、妻は私から離れて過ごしたいと熱望しているようです…(笑)

お客様の朝食の準備から始まり、子供を学校に送り出し、料理を1つひとつ手間隙かけて仕込みをして
、休憩時間には、今後の宿の方針、子育てのことなど話して、それからお客様の夕食の準備、後片付け…次の日の仕入れの確認などと……

きっと、普通の夫婦の10倍以上の時間を共に過ごしているのではないでしょうか!?


でも、お互いに夢を抱き力を合わせて、頑張ってゆけば、きっと普通の夫婦では、味わうことのことのない幸せを将来において感じることが出来るのではないかと…自分に言い聞かせています。

宿の料理は、主人と若女将が自ら料理人として
腕をふるい、旬の食材を吟味して、手間隙かけて、真心込めてご用意いたします。

料理を提供する際にも、女将も料理人なので
旬の食材や料理の手間隙のかけ方など、料理の話を楽しく詳しく出来ると感じております。

お客様も、料理を食べる時に料理人のお話を聞きながら召し上がるのも、愉しく美味しい贅沢な時間ではないでしょうか!


夫婦である二人の料理人が、お互いの感性をぶつけ合い宿の料理をとことん探求し追求し作り上げる料理の世界観!
その可能性を自分自身が、強く信じて突き進みたいと思っております。

宿の主人と女将が共に料理人!

きっと、オンリーワンの世界があると想います。

オンリーワンの宿を夢見て……


             九代目主人