2020年10月03日

どこか懐かしい日本の朝食!

【どこか懐かしい日本の朝食】

沢乙温泉うちみ旅館でございます。




書 九代目
「ふるさとへ かえりて母の おみそしる」

誰しも母の作ってくれたご飯の味が懐かしく温かさを感じるのではないでしょうか!



うちみ旅館でも朝食に都会の喧騒の中から離れて、少しでも故郷の雰囲気、実家のような温かさを感じてもらえるようにご準備致しております。

手作りの干物・里山の旬野菜炊き合わせ・漬物・放し飼いの温泉卵・手作り笹かま・手作り紫蘇巻き等を朝食の肴に

仙台味噌と里山木樽仕込みの生きた味噌をブレンドした野菜たっぷり味噌汁

メインに里山の清らかな土壌で育った良質のひとめぼれを土鍋で「炊きたて煮えばな」でご用意致します。

お客様に「どこか懐かしい日本の心」を感じてもらえますように…

九代目

#みやぎの料理旅館
#じゃらん朝食部門東北3位
#日本の朝食
#炊きたて御飯は日本の心
#お味噌汁は母の味
#お味噌汁は郷愁
#里山旬味  


Posted by 九代目 at 17:59Comments(0)当主心得

2020年10月03日

中秋の名月

【中秋の名月】

沢乙温泉うちみ旅館でございます。



写真は、宿の中秋の名月です。

中秋の名月「十五夜」は平安時代から貴族の間で観月とされ、団子やススキや秋の実りをお供えものをして感謝や祈りを捧げました。

現代は、長く生きれなかった時代と違い長寿になり不自由のない時代だからこそ忘れがちな気持ちなのかもしれません…

古来から人間は、自然共にその恩恵を受けて生きてきたのですから!




「感謝・祈り」

古来から日本人が大切にしてきた心です。

九代目

#中秋の名月
#十五夜
#古からの習わし
#秋の実り
#感謝・祈り
#里山旬味 @ 沢乙温泉内海旅館  


Posted by 九代目 at 17:57Comments(0)当主心得

2020年08月14日

日本料理の醍醐味!

【炊き合わせ】




うちみ旅館では、三陸の魚介類や里山の旬野菜の相性を吟味して季節ごとに炊き合わせにします。




それぞれの持ち味が生きるように7~9個の鍋を別々にガス代に並べて一気に炊き上げます。たっぷりの一番出汁でコトコト炊いて二度三度と鍋を休ませながら素材の芯まで味が含むように丁寧に炊き上げます。




懐石弁当を始め全ての献立に登場します。

一気に何種類もの味をつける時は、五感を使い全神経を研ぎ澄まし素材の声を聞きながら味付けします。

素材の声=素材から染み出る甘味

職人の世界では、「煮炊き10年」「一生涯精進」

日本料理の醍醐味でも「煮炊き」「含め煮」「炊き合わせ」は、とても難しく奥が深い。

煮炊きという素晴らしい日本料理の世界をしっかり継承して後世に遺してゆきたいです。

九代目

#沢乙温泉うちみ旅館
#仙台松島の料理旅館
#仙台の日本料理
#煮炊き
#野菜含め煮
#炊き合わせ
#地方の美食
#里山旬味  


Posted by 九代目 at 01:30Comments(0)当主心得

2020年07月27日

想い!

昨晩は、知人のご紹介で軽井沢在住の建築家遠野未来さんとその建築仲間の方々がお泊まりになられました。




遠野さんは、土壁を使った建築を専門とされている人気の建築家の方です。

皆様に宮城の食材を生かした懐石料理と沢乙の庭の情景を称賛して頂きました。

その道の一流の方々にお褒めを頂き、今後のアドバイスも頂戴したことは、とても自信と励みになりました。

一番嬉しかったお言葉は、「うちみ旅館は、主人の想いが感じられるから素晴らしい!」と言ってもらえたことです。

これからも頑張って精進していこうと勇気と元気を頂きました。

ありがとうございます!!


「熱い想いが人の心を揺さぶる」


九代目

#遠野未来
#土壁工法
#沢乙温泉
#うちみ旅館
#仙台松島の料理旅館
#仙台松島観光
#懐石料理
#里山旬味  


2020年07月13日

Go to キャンペーンへの決断




【go to キャンペーンお知らせ】

コロナ禍で観光・旅館業界は危機的状況の中でとても有難い経済政策です。

しかしながら、コロナ感染拡大の中で自分達の事業のことだけ、事業の収益のことだけを中心に考えて進めていけないと大変悩んでおりました。

地域の人達の安全、スタッフの安全、常連のお客様の安全を考えるからです。

感染状況を受けて、当面、コロナ感染増加傾向地域の方のご宿泊をご遠慮させて頂く場合がございます。ご了承くださるようお願い致します。

「Go to キャンペーン」のうちみ旅館の見解は、
まず始めに地域ごと、地域ブロック圏内での小旅行にして頂きコロナが日本全国に蔓延しない対策を取りつつ、それぞれブロック地域の人達が、自分達の地域にお金をおろすような方針を国が推奨して、その協力に対しての宿泊代助成ならば気持ちが良いなと思います。

それでコロナが落ち着き始めたら、旅行する地域を徐々に拡大してもらいたいです。

経済の衰退を防ぎ、かつ国民の安全を考えた政策や方針を掲げて頂きたいです。

以上の見解から、うちみ旅館では、当面の間、コロナ感染増加状況を推移しながら安全と感染防止策、拡大防止策を独自に熟慮して事業を進めて参ります。

遠方のうちみ旅館のファンの方々は口を揃えて皆さん次のように言ってくれてます。

「うちみ旅館にコロナ運びたくないから!」
「コロナ落ち着いたら必ず行きます!」

有り難く応援してくれてます。




コロナ禍で、観光・旅館業が危機的な状況の中での苦渋の決断でございますが、お客様の想いも汲んだ判断だと想っております。
何卒ご理解頂けますようお願い申し上げます。




月の神様!コロナ終息を願います



沢乙温泉うちみ旅館
    九代目当主 内海貴史



#go to キャンペーン
#沢乙温泉
#うちみ旅館
#料理旅館
#懐石料理
#宮城の旅行
#感染拡大防止策
#お客様の安全  


Posted by 九代目 at 11:45Comments(0)当主心得

2020年07月08日

縁と恩

まだまだ未熟過ぎますが、当主の私の書です。



「縁ありて花ひらき 恩ありて実を結ぶ」




自分の夢や努力していることは、人とのご縁で花が咲く。

それぞれのご恩を大切に感謝の気持ちを忘れずにいることで、夢で終わらず実を結ぶ。

忘れがちな自分自身への戒めです。

そんな気持ちを大切に温めてゆきたい!

九代目

  


Posted by 九代目 at 18:51Comments(0)九代目「書」当主心得

2020年07月07日

石上栽花

【石上栽花】

沢乙温泉うちみ旅館で御座います。

玄関の待合いの前に古くから大きな石があり不思議なパワー感じます。




その石の上には、土もないのに小さな紅葉と立派な石苔が生えてます。




「せきじょうさいか」とは、どんな条件でも草花は立派に咲き誇っているではないか!

人もまたどんな条件だとしても自分なりの花が咲くことが出来るんだよという意味合いの詩です。

待合に座ると「それぞれの境遇に惑わされることなく自分の花を咲かせなさい」と石に悟されているような気がします。

九代目

#沢乙温泉
#うちみ旅館
#料理旅館
#宮城の料理旅館
#石苔
#日帰り温泉
#紅葉の庭  


Posted by 九代目 at 02:37Comments(0)当主心得

2020年07月07日

料理人の心意気!

【トキシラズ】

道南の最高級「時知らず」入荷しました!




五キロの胴体で一匹、数万円…

コロナ禍でも御用意すること「旬を伝えたい」
料理人の心意気です!

秋の産卵に向けて一生懸命に三陸から道南の良質なプランクトンで丸々太り脂がのっております。

優しい塩加減でトキシラズの旨味を引き出し持ち味を最大限に活かします。




魚の脂が全体に回り美味しくなるのが1週間前後です!

「愛を込めて時知らずを」

九代目

#沢乙温泉
#うちみ旅館
#料理旅館
#宮城の料理旅館
#懐石料理
#日本料理
#地方の美食  


Posted by 九代目 at 02:34Comments(0)当主心得

2020年07月02日

本気モード!

昨日のお泊まりお客様に

「料理・おもてなしに感動しましたっ!」と言ってもらえました。












今日もお客さんの心をガッチリ掴みました。

私は、コロナの経営危機を前にして料理人としても旅館の主人としても本気モードのスイッチ入りました。

コロナ渦で私に足りなかったハングリー精神が芽生えましたような気がします。

絶対にピンチをチャンスにします!

残りの人生かけて

夢を現実にして志を成し遂げる!!!


九代目
  


Posted by 九代目 at 22:43Comments(0)当主心得

2020年06月23日

夢と志!

【夢と志】

九代目で御座います。



沢乙の庭の山笹が一年半でだいぶ成長してくれました。

この一年半、山笹を守るために雑草との闘いの日々。広い大庭ゆえに機械を使わない草取りは、厳しいものでした。

笹の成長ために除草剤は一切使わず、手で丁寧に雑草の根を抜いてゆく作業。





まだ小さな山笹の成長には、子どもの成長を手助けしてあげるような愛情が必要です。

雑草の根に幼い笹の根が喰われてしまうと笹は負けてしまう…





でも、ここまで山笹が成長してくれれば、今度は自分達の力で一気に成長してくれると想われます。




私を始めスタッフの目標は、山笹を庭一面に茂らせること。





宿の自然美溢れる情景とおもてなしで訪れた人々の癒しになれることが私達の夢です。

天然紅葉100本、滝桜7本、山笹が一面に茂れば、30年後50年後には、故郷の名園となります。





この地が、後世において人々の癒しとなり、故郷の財産になれることが私の志です。

「夢は自分のために抱くもの」

「志は後世の人のために願うもの」

夢と志があるから頑張れる!

九代目

#沢乙温泉うちみ旅館
#懐石料理
#料理旅館
#天然紅葉
#山笹
#みやぎの旅
#沢乙の庭
#故郷の名園になあれ!  


Posted by 九代目 at 22:18Comments(0)当主心得